トリュフの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

トリュフを食べたことがありますか?

トリュフは「セイヨウショウロ」のことです。

セイヨウショウロを漢字表記すると「西洋松露」になります。

セイヨウショウロ(西洋松露)は、子嚢菌門セイヨウショウロ科セイヨウショウロ属に所属する「きのこ」になります。

セイヨウショウロ(西洋松露)の子嚢果(子実体)は、高級食材の「トリュフ」として知られています。

トリュフをフランス語表記すると「truffe」になります。

高級食材として知られているトリュフは、「黒いダイヤ」とも呼ばれています。

トリュフという言葉が文献に登場するのは、紀元前16世紀になります。

ギリシャ・ローマ時代には、生態・調理方法・健康への効能などの数多くの文献が記されています。

「美味礼讃」という名の書物では、トリュフを「台所のダイヤモンド」と称しています。

トリュフは、特殊な訓練をした豚や犬に匂いを嗅ぎださせて採取する方法で探します。

トリュフは人工的に栽培ができないため高値で取引がされています。

犬はトリュフが好きなので見つけたらすぐに採らないと奪われてしまうことがあります。

トリュフを見つけた犬は、飼い主には譲らないことがあり奪い合いでケガだらけになることもあるようです。

豚がトリュフを探しているイメージが強いのは、犬よりも安全だからでしょうか。

 

次に、トリュフの種類・トリュフのカロリーや糖質・トリュフの旬などの紹介をします。

 

トリュフの種類 

 

a726725cfb57ee79447a337806ce93d1_t

 

フランス産のペリゴール・トリュフは黒トリュフです。

白トリュフはイタリア産になります。

フランス産の黒トリュフ(ペリゴール・トリュフ)とイタリア産の白トリュフが、特に珍重されています。

他にも数種のヨーロッパ産トリュフ(セイヨウショウロ)が食用として採取されています。

日本でも「クロアミメセイヨウショウロ」や「イボセイヨウショウロ」などの近縁種が報告されています。

「クロアミメセイヨウショウロ」は、ヨーロッパにも分布しているトリュフで「夏トリュフ」と呼ばれています。

近年は、中国産の「イボセイヨウショウロ」が、黒トリュフや白トリュフの廉価な代用品として大量にヨーロッパに輸出されているようです。

次に、トリュフのカロリーと糖質・トリュフの旬などの紹介をします。

 

トリュフのカロリーと糖質

 

123059358

 

トリュフで珍重されている種類は、フランス産の黒トリュフとイタリア産の白トリュフになります。

トリュフ100g当たりのカロリーは約44Kcalだと言われています。

シイタケの100g当たりのカロリーは約18Kcal・エリンギは約24Kcal・松茸は約23Kcalなので、トリュフは人気のキノコ類の約2倍のカロリーがありそうです。

只、トリュフは高級食材なのでたくさん食べることはありません。

カロリーや糖質は気にすることはなさそうです。

黒トリュフの価格は1kg当たりで数万~数十万になります。

白トリュフの価格は1kg当たりで数十万~になるようです。

白トリュフのオークションでは、700~900g程度で数千万した年もあるようです。

次に、トリュフの旬を紹介します。

 

トリュフの旬

 

高級食材として珍重されているトリュフの種類では、黒トリュフと白トリュフが有名です。

トリュフの単位当たりのカロリーはシイタケや松茸の約2倍になります。

トリュフの旬の時期は秋季から冬季にかけてになります。

黒トリュフには2つの旬があります。

サマートリュフとウインタートリュフの旬です。

6~11月はサマートリュフ・12~翌年2月はウインタートリュフになります。

白トリュフの旬は9~12月になります。


PAGE TOP