にんにくの芽の旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

中華料理の炒め物などで食べる「にんにくの芽」は美味しいですね。

中華料理ではお馴染みの「にんにくの芽」は、シャキシャキとした食感が人気です。

シャキシャキ食感の「にんにくの芽」を使った炒め物は、男性だけでなく女性にも人気があります。

美味しい食材ですが、国産のにんにくの芽をスーパーマーケットの野菜売り場や八百屋さんで見かけることが少ないですね。

「にんにくの芽」という呼び名ですが食べているのは「芽」の部分ではありません。

「にんにくの芽」は、にんにくが花をつけるために伸ばす「花茎(かけい)」と呼ばれる部分になります。

春になるとにんにくの花茎はグングンと成長して淡い紫色の花を咲かせます。

にんにくの花にエネルギーを取られると、土中の「にんにく」が大きく育ちません。

にんにく栽培農家では、にんにくの花が咲く前に花茎の部分を摘み取ります。

にんにくの花茎を摘み取る作業のことは「芽摘み」と呼ばれます。

「芽摘み」で摘み取られたものが「にんにくの芽」として出荷されます。

只、芽摘みは機械で行うことができないので、1本1本手作業で摘み取らなければなりません。

中国では芽を食用とすることを目的として品種改良されたものが栽培されています。

1年を通してにんにくの芽が収穫されることから、日本国内で流通しているにんにくの芽の約99%は中国産になります。

 

次に、にんにくの芽や種類・にんにくの芽のカロリーと糖質・にんにくの芽の旬などの紹介をします。

 

にんにくの芽

 

a42c2a506a13b54bc64795844679cf50_t

 

スーパーマーケットや八百屋さんに並んでいるにんにくの芽の種類のほとんどは中国産です。

国産のにんにくの芽は、にんにくの産地に行けば道の駅などで見かけることがあります。

国産のにんにくの芽の産地には、

・佐賀県・千葉県・和歌山県・茨木健・群馬県・徳島県

・長崎県・熊本県・埼玉県・山梨県・青森県・福島県などがあります。

国内に流通しているにんにくの芽は中国産が多いですが、スペイン産・アメリカ産などもあります。

にんにくの芽には、食物繊維・ビタミン類・ミネラル類が豊富に含まれています。

緑黄色野菜の中でも栄養価が高い野菜として人気があります。

にんにくの芽にはニンニクに含まれている成分が含まれています。

ニンニクよりも単位当たりの栄養価は少ないですが、ニンニクよりも多くの量を食べられるので、美容と健康に役立てませんか。

次に、にんにくの芽のカロリーと糖質・にんにくの芽の旬などの紹介をします。

 

にんにくの芽のカロリーと糖質

 

yun_11457

 

にんにくの芽の多くの種類は中国産になります。

にんにくの芽の100g当たりのカロリーは45kcalになります。

野菜の平均カロリーは36Kcalなので、にんにくの芽のカロリーは野菜の中ではやや高くなります。

にんにくの芽1本分の重さは約10gです。

にんにくの芽の1本分のカロリーは約5Kcalです。

にんにくの芽の糖質は100g当たり6.8gになります。

野菜の100g当たりの平均糖質量は3.6gなので、にんにくの芽の糖質は他の野菜の平均と比較して多くなっています。

にんにくの芽1本分の糖質量は0.68g程度になります。

次に、にんにくの芽の旬を紹介します。

 

にんにくの芽の旬

 

国内に流通しているにんにくの芽の多くの種類は中国産です。

にんにくの芽100gのカロリーは45kcal・糖質は6.8gです。

国内に流通しているにんにくの芽は中国産で、年間を通して店頭に並んでいるので旬を感じることはありません。

国内のにんにくの芽が収穫されるのは、一般的に4~6月頃になります。

国内産のにんにくの芽の旬は4~6月頃になるようです。


PAGE TOP