ハレヒメの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

ハレヒメは温州ミカンのように手軽に食べられる美味しい柑橘類です。

ハレヒメは静岡県生まれの柑橘類になります。

ハレヒメという名の由来は、夏と秋の季節に晴天が続くことで甘くて香り高い果実になるということからきています。

ハレヒメの漢字表記は「晴姫」です。

ハレヒメは、農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所の興津支場で生まれました。

ハレヒメの母親に当たる柑橘類は、「清見」×「オセオラ」になります。

父親に当たる柑橘類は、温州ミカンの「宮川早生」になります。

品種登録されたのは平成16年(2004年)です。

ハレヒメの1個当たりの重さは150~200gです。

ハレヒメの見た目はオレンジっぽい温州ミカンです。

愛媛県では、品質条件をクリアしたハレヒメを「瀬戸の晴れ姫」というブランド名で出荷しています。

 

次に、ハレヒメと種類・ハレヒメのカロリーと糖質・ハレヒメの旬の紹介をします。

 

ハレヒメ

 

harehime1

 

ハレヒメは、オレンジのような風味があって少ない酸味で甘いのが特徴です。

甘い果汁が豊富で口当たりがよいので人気があります。

温州ミカンのように皮を手で簡単にむいて袋ごと食べられます。

果皮の色は橙色で、果皮の厚さは4mm程度です。

果皮は、少し厚いですが柔らかいので手で簡単に皮がむけます。

ハレヒメは柑橘類の「清見」×「オセオラ」×温州ミカンの「宮川早生」を交配した種類になります。 

次に、ハレヒメのカロリーと糖質・ハレヒメの旬などの紹介をします。

 

ハレヒメのカロリーと糖質

 

DLARGE

 

ハレヒメは、清美(きよみ)・オセオラ・宮川早生の種類の柑橘類が合わさっています。 

ハレヒメは、温州ミカンのような甘みとオレンジのような香りを楽しめる柑橘類です。

他の人気柑橘に負けない、ハレヒメ独特の味覚を楽しめます。

ハレヒメの100g当たりのカロリーは約51Kcalになります。

ハレヒメの100g当たりの糖質量は約12gです。

温州ミカンの100g当たりのカロリーは約45kcalなので、ハレヒメが温州ミカンよりも少しカロリーが高いですね。

ハレヒメには、ビタミン類・ミネラル類などが豊富に含まれています。

ミカンは低カロリーで水分が多くてお腹にたまりやすいので、美容と健康におススメです。

次に、ハレヒメの旬などの紹介をします。

 

ハレヒメの旬

 

ハレヒメは露地栽培もので12月上旬から中旬に完全着色します。

ハレヒメの旬は、11月中旬から翌年の1月の中旬頃までになります。

ハレヒメの食べ頃は、11月下旬から翌年の1月中旬頃までです。

ハレヒメの主な産地は、

・愛媛県・広島県・和歌山県・宮崎県・徳島千・香川県

・佐賀県・愛知県・大阪府・福岡県などです。


PAGE TOP