ノパール(ノパル)の旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

ノパールは「ウチワサボテン」の若い茎節です。

ウチワサボテンは、サボテン科に属する植物です。

ノパールの別名には「ノパル」もあります。

サボテンは、カナダ南部・アメリカ大陸・メキシコなどの中米で自生している植物です。

他の植物が育たない過酷な条件で生息できるという強い生命力が特徴です。

ウチワサボテンは、その代表的なサボテンとして知られています。

よく知られるだけでも258の種類のウチワサボテンがあります。

100種類ほどが食用としてメキシコで栽培されています。

メキシコにはウチワサボテンを栽培する農園が1万ヘクタールほどあります。

ノパールは、様々な効能を持つことからメキシコでは民間薬としても用いられていたようです。

ウチワサボテンの若い茎節は「ノパール」という野菜ですが、実は「トゥナ(Tuna)」と呼ばれるフルーツになります。

 

次に、ノパールと種類・ノパールのカロリーと栄養・ノパールの旬などの紹介をします。

 

ノパール

 

583d27c161380accf52103a5920ce4f7

 

ノパールはウチワサボテンの若い茎節です。

ウチワサボテンの100種類ほどが食用としてメキシコで栽培されています。

ウチワサボテンはサボテン科オプンティア属に属しています。

ウチワサボテンのことを、メキシコではノパールと呼んで、食用野菜・家畜飼料・観賞用などの目的で栽培しています。

ノパールの調理法は生食・茹で料理・焼き料理・炒め料理などです。

ノパールは、サラダやステーキとしてもおいしく食べられます。

ノパールと野菜・ベーコンと一緒に炒めても美味しいですね。

酢を使ってマリネ風にしたノパールを使った料理も人気があります。

ノパールには、食物繊維やネバネバ物質のムコ多糖体が豊富に含まれています。

ノパールは、生活習慣病の予防・改善効果が期待されています。

次に、ノパールのカロリーと栄養・ノパールの旬などの紹介をします。

 

ノパールのカロリーと栄養

 

35999256_281111135965232_4673683665186717696_n

 

ノパールと呼ばれる食用のウチワサボテンは100種類ほどが栽培されています。

ノパールのカロリーは100g当たりで27Kcalです。

ノパールには炭水化物も含まれていますが食物繊維が豊富です。

糖質を算出したデータはありませんが、含まれていても僅かだと考えられます。

ノパールには、17種類のアミノ酸・ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB3(ナイアシン)・ミネラル類を含んでいます。

ノパールに含まれている植物タンパク質には、身体組織から水分を吸収して体を引き締めて血行をよくする働きや、悪玉コレステロールから善玉コレステロールへ変える働きがあります。

不溶性の食物繊維のリグニンには、満腹感を与える・消化を助ける・腸の働きを整える働きなどがあります。

次に、ノパールの旬などの紹介をします。

 

ノパールの旬

 

ノパールと呼ばれるウチワサボテンの種類は豊富です。

ノパールは低カロリーで栄養豊富なので、美味しく食べて美容と健康に役立ててください。

ノパールは、愛知県春日井で栽培されています。

「春日井サボテンプロジェクト」の一環として「春日井ノパル」として特産化がすすめられています。

ノパールの輸入品はメキシコからになります。

ノパールの収穫時期と旬は国産品と輸入品で違います。

「春日井ノパル」の収穫は4月頃~11月頃までなので、ノパールの国産の旬は5~9月頃になります。

輸入物は通年入手できるので、特に旬はありません。


PAGE TOP