シェフ、コック、板前の違い。Cookとchefも違う?

Sponsored Link

シェフとコックと板前の違いが分かると、子供に聞かれたときに分かりやすく教えてあげられます。

レストランや料理屋さんに行ったときの子供の興味も強くなるのではないでしょうか。

「cook」と「chef」にも違いがあるのでしょうか。

シェフやコックや板前さんは、一般的には料理人と思われています。

料理人の意味は、料理を作る人や料理を作ることを職業とする人になります。

フランス料理では、シェフは料理長になり、パティシエは菓子職人になります。

シェフのことは、「シェフ・ド・キュイジーヌ」とも呼ばれます。

 

次に、シェフとコックと板前の違いや、「cook」と「chef」の違いなどを紹介します。

 

シェフ

 

56412e55d4a9a4dee10c6ffa93035b5a_t

 

シェフとコックと板前の違いや、「cook」と「chef」の違いを分かるために「シェフ」の概要を紹介します。

一般的には「chef(シェフ)」という場合は、コック長などの意味があるようです。

フランス語表記の「chef(シェフ)」を英語表記にした場合は「chief(チーフ)」になるとされています。

フランス語表記の「chef(シェフ)」と英語表記の「chief(チーフ)」は、「頭(かしら)」を意味するラテン語に由来した言葉です。

「chef(シェフ)」は料理人でもありますが、メニューの決定・食材の決定・「cook(コック)」の指導などの仕事も担当します。

「chef(シェフ)」は料理の現場で、調理に関するすべての責任を持ちます。

経営スキルも求められる「chef(シェフ)」は、オーナーシェフと呼ばれています。

 

コック

 

kid_job_boy_chef

 

シェフとコックと板前の違いや、「cook」と「chef」の違いを分かるために「コック」の概要を紹介します。

「cook(コック)」の意味は料理をする人になります。

一般的には「cook(コック)」は、西洋料理や中華料理の料理人になります。

英語表記の「cook(コック)」は、オランダ語の「kok」に由来しているとされています。

 

板前

 

シェフとコックと板前の違いや、「cook」と「chef」の違いを分かるために「板前」の概要を紹介します。

日本料理で料理を作る人は「板前」と呼ばれています。

「板前」は、寿司屋・料亭などの日本料理を提供する店の料理人になります。

「板前」は、「板場」・「板さん」・「板」などとも呼ばれます。

西洋料理での「chef(シェフ)」に相当する人は「板長」と呼ばれています。

只、日本料理の料理人を「板前」と呼びますが、「cook(コック)」と呼ぶことはありません。

日本の料理人の資格には、調理士・フグ調理士・船舶調理士・製麺技能士などがあります。

調理士は調理士法に基づいている国家資格です。

フグ調理士は、食品衛生法に基づいているふぐ条例による資格になります。


PAGE TOP