調理法で「焼く」と「炒める」の違い。焼きそばは炒める?焼く?

Sponsored Link

素材を生かした調理法には、焼く・炒める・茹でる・揚げる・蒸す・煮る・和える、などがあります。

焼きそばは、炒めるのでしょうか?焼くのでしょうか。

焼くはもっともシンプルな調理法です。

炒めるは、強火で短時間加熱する調理法になります。

茹でるは、素材の下ごしらえやそのまま食べます。

揚げるは、高温の油で食品を加熱します。

蒸すは、蒸気で食品を加熱します。

煮るは、100℃程度の調味液で加熱します。

和えるは、下ごしらえした食材に調味料をからめます。

 

次に、調理法の「焼く」と「炒める」の違い・焼きそばは炒める?焼く?の紹介をします。

 

焼く

 

IMG_9081ISUMI_TP_V

 

調理法の「焼く」と「炒める」の違いを分かるために「焼く」の概要を紹介します。

焼くときに一般的に使われている調理器具は、焼き網・グリル・フライパン・オーブンになります。

焼き方の種類には、素焼き・塩焼き・照り焼き・つけ焼き・かば焼き・味噌焼き、などがあります。

素焼きは、味を付けないで焼く方法で、下ごしらえに用いられることが多いようです。

塩焼きは、塩を振って焼くシンプルな焼き方です。

塩焼きは、鮮度が良い素材に向いています。

照り焼きは、素焼き後にタレをかけて乾かす程度に焼く調理法です。

つけ焼きは、食材をタレの中に浸してから焼く調理法です。

かば焼きは、主にウナギに使われる方法で、素焼き後に蒸してからタレをつけて焼きます。

味噌焼きは、素焼き後に味噌を付けて焼く方法です。

表面に少し焦げ目をつけると香ばしくて美味しくなります。

次に、「炒める」・調理法の「焼く」と「炒める」の違い・焼きそばは炒める?焼く?の紹介をします。

 

炒める

 

0a2d17af3c2ce7389ea0ef4ed487df

 

調理法の「焼く」と「炒める」の違いを分かるために「炒める」の概要を紹介します。

炒める調理法は、高温でサッと短時間で加熱するので、ビタミンなどの栄養素の損失が少ないのが特徴です。

炒める調理法のポイントは下ごしらえです。

食材を切りそろえる・野菜の水けをシッカリ切る・食材によっては下茹でや油通しをする、などがあります。

野菜以外の食材には下味をつけておくと、味が良くなじむ・臭みが抜ける・風味が良くなる、などがあります。

味にムラが出ないように、調味料を合わせておくと、より美味しい炒め料理ができます。

次に、・焼きそばは炒める?焼く?の紹介をします。

 

焼きそば炒める?焼く?

 

調理法には、焼く・炒める・茹でる・揚げる・蒸す・煮る・和える、などがあります。

焼きそばは、炒めるのか、焼くのかで意見が違うことがあります。

焼く調理法と違い、「炒める」調理法は、水気がなくなるまで焦げ付かないように揺すりながら煮るように食材を加熱します。

基本的には、食材の中までジックリと火を通すのは「焼く」を使い、食材をかき混ぜながら加熱する時には「炒める」と言います。

「焼きそば」には「焼く」の文字が入りますが、かき混ぜてつくる料理です。

「焼きそば」をつくる時には、加熱する時には鉄板の上に置いた状態で、調味料や油を全体に行き渡せるために混ぜます。

「焼きそば」は、「焼く」と「炒める」の中間的な調理法だと考えられます。


PAGE TOP