ナビスコのリッツなどのクラッカーの表面にはなぜ穴が開いてる?

Sponsored Link

クラッカーの表面には穴が開いていますが、どのような理由があるのでしょうか。

クラッカーはビスケットの一種とされています。

クラッカーの英語表記は「cracker」になります。

クラッカーはビスケットの一種ですが、膨化食品の一種にも分類されています。

甘みのビスケット食品に対する食品として塩味のクラッカーが使われることもあります。

クラッカーは、塩味の強いビスケットの総称として使われることが多いようです。

クラッカーは、甘みの強いビスケットであるクッキーに対するものとして使われています。

アメリカでクラッカーの原型が発明されたのは1792年です。

マサチューセッツ州のジョン・ピアスン(John Pearson)が発明しました。

クラッカーの原型は乾パンとして、軍隊の糧食などに使われました。

1801年のマサチューセッツ州のパン職人のジョシア・ベント(Josiah Bent)が、初めてクラッカーと呼ばれるものを作りました。

クラッカーの名称は、焼いている途中の音から名づけられたようです。

後に、ジョシア・ベント(Josiah Bent)は、クラッカー事業をナビスコに売却しています。

 

次に、ナビスコのリッツクラッカーの穴の理由・ビスケットとクッキーとクラッカーの違い、などの紹介をします。

 

ナビスコのリッツ

 

無題

 

ナビスコのリッツは世界で70年以上愛されてきたロングセラー商品です。

ナビスコのリッツクラッカーが誕生したのは1934年です。

日本でリッツクラッカーが販売されたのは1971年になります。

香ばしくてサクサク食感のリッツクラッカーは、日本人の味覚に合うことから日本中に広まり定着しました。

リッツクラッカーの良いところは、いろいろな食品と組み合わせて食べられることです。

リッツクラッカーはそのまま食べても美味しいですが、他の食品とアレンジすることでいろいろな美味しさを楽しめます。

リッツクラッカーの製品ラインナップを紹介します。

・リッツクラッカーS・リッツクラッカーL・リッツチーズサンド

・リッツチョコサンド・リッツレモンサンド・リッツバニラサンド、などがあります。

リッツクラッカーSは、13枚×3パックで6枚当たり101Kcalです。

リッツクラッカーLは25枚×3パックで、6枚当たり101Kcalです。

リッツチーズサンドは、9枚×2パックで2枚当たり98Kcalです。

リッツチョコサンドは9枚×2パックで2枚当たり92Kcalです。

リッツレモンサンドは9枚×2パックで2枚当たり98Kcalです。

リッツバニラサンドは9枚×2パックで2枚当たり96Kcalです。

次に、クラッカーの穴の理由・ビスケットとクッキーとクラッカーの違い、などの紹介をします。

 

クラッカーの表面の穴

 

4ddbc1e9a77052e2a2ef239edb6154e2_t

 

クラッカーの表面に開いている穴が気になる人も多いですね。

クラッカーの表面に穴が開いている理由は、ガス抜きの為です。

クラッカー生地は、油分が少ないので生地の中にガスが溜まってしまいます。

生地の中にガスが溜まらないように穴が開いています。

家庭でクラッカーを作る時には焼く前に、予めフォークの先端などでプツプツと穴を開けます。

ガスの逃げ道を作っておくことで、表面がボコボコになるのを予防できます。

クラッカーの表面の穴の名前は「ピケ」です。

クラッカーを作る時には、ピケを忘れないでください。

ピケを作らないでクラッカーを焼き上げてしまうと、表面がボコボコになってしまいます。

次に、ビスケットとクッキーとクラッカーの違いを紹介します。

 

ビスケットとクッキーとクラッカー

 

クラッカーと同じように手軽に食べられる食品に、ビスケットとクッキーがあります。

クラッカーは塩味です、ビスケットやクッキーは甘いですね。

ビスケットのグループにはクラッカーもクッキーも含まれます。

クッキーは糖分や油分が多く含まれていて、手作り風の外見をしているものです。

クラッカーは、イースト菌や酵母を使って作られたものになります。


PAGE TOP