ラーメンの丼に描かれている模様の意味。渦巻マークは何て言う?

Sponsored Link

ラーメン丼の模様が気になりませんか。

ラーメン丼に描かれている渦巻マークは何ていうのでしょうか。

渦巻マークの模様には意味があるのでしょうか、気になります。

ラーメンの漢字表記は「拉麺」・「老麺」・「柳麺」になります。

ラーメンは、中華そば・支那そば・南京そば、などと呼ばれることもあります。

ラーメンは、中華麺とスープを主とした麺料理になります。

中華麺とスープに、チャーシュー・メンマ・味付け玉子・刻み葱・海苔など、いろいろな具材を組み合わせた日本でも人気の麺料理です。

日本のラーメンは、中華人民共和国・台湾(中華民国)では、日式拉麺・日本拉麺などと呼ばれています。

ラーメンの英語表記には「ramen」・「Chinese noodles」などがあります。

日本にラーメンが伝わったのは、幕末~明治時代頃です。

中国人街(南京街)に開店した中華料理店から、大正時代頃になって日本各地に広まっていったと考えられています。

ラーメン大好きの日本人は多いので、ラーメン丼の模様を見る機会も多いのではないでしょうか。

ラーメン丼の渦巻マークの模様の意味を知っていれば、ラーメンを食べる時の楽しみも増えますね。

 

次に、ラーメン丼の模様・「双喜文」の模様・「雷文」の模様・ラーメン丼の渦巻マーク模様、などの紹介をします。

 

ラーメン丼の模様

 

Shoyu_ramen,_at_Kasukabe_Station_(2014_05_05)_2

 

ラーメン丼には、渦巻マークなどの模様が描かれています。

ラーメン丼に描かれている模様の主流は、「龍」・「鳳凰」・「雷文(らいもん)」・「双喜文(そうきもん)」だとされています。

ラーメン丼の「龍」の模様が描かれていることがあります。

「龍」は天帝の使者を表しています。

「龍」は「甘露の雨を降らし、五穀を成就せしめる」空想上の動物だとされています。

中国では、古くから崇められていました。

また、「龍」は皇帝以外は原則的に使用してはならない紋章でもあったようです。

ラーメン丼の「鳳凰」の模様が描かれていることがあります。

古代中国での「鳳凰」は、最も高貴な幸運を招く空想上の鳥でした。

「鳳凰」の「鳳」は雄で皇帝の紋章とされています。

「凰」は雌で皇后の紋章とされています。

次に、ラーメン丼に描かれている「双喜文」の模様・ラーメン丼に描かれている「雷文」の模様・ラーメン丼に描かれている渦巻マーク、などの紹介をします。

 

ラーメン丼の双喜文の模様

 

publicdomainq-0023502cmn

 

ラーメン丼にある「双喜文」の模様の紹介をします。

「双喜文」の模様は、「喜」の字を二つ並べてデザインしてあります。

「双喜文」は、新郎新婦がならんで喜んでいる姿を文字にした模様です。

結婚を祝う図案とされていて、本来は結婚式の時のみに使われたおめでたい字とされています。

次に、ラーメン丼に描かれている「雷文」の模様・ラーメン丼に描かれている渦巻マーク、などの紹介をします。

 

ラーメン丼の雷文の模様

 

ラーメン丼には「雷文」の模様が描かれていることがあります。

ラーメン丼に描かれている「雷文」の模様の紹介をします。

ラーメン丼で印象的な渦巻マークの模様は「雷文」です。

「雷文」は、ラーメン丼のトレードマークと言ってもいい四角い渦巻き模様です。

「雷文」は、字の如く中国で自然界の驚異の象徴である雷をかたどった伝統の文様になります。

「雷文」の模様は、古くは中国の殷や周の時代の青銅器に多くみられていました。


PAGE TOP