関東が関西よりも味付けが濃い理由。味の濃さの境界線はどこ?

Sponsored Link

関東と関西の味付けの違いが気になったことはありませんか。

関東と関西の味付けの違いにはどのような理由があるのでしょうか。

味の濃さの地域の境界線はどこになるのかも気になります。

関東は濃い味で、関西は薄い味だという話を聞いた人も多いと思います。

関東と関西の味付けの違いには、歴史や風土の違いが深く関係していると考えられています。

関東と関西の味付けの違いだけでなく、様々な食文化の違いがあります。

 

次に、関東と関西の食文化の違い・関東と関西の味付けの違いの理由・味の濃さの地域の境界線はどこ?などの紹介をします。

 

関東と関西の食文化の違い

 

221899-02

 

関東と関西の食文化の違いでは、関東と関西の味付けの違いが有名です。

関東は濃口しょうゆ、関西は淡口しょうゆが好まれています。

関東と関西では食の基本の出汁も違います。

関東はかつお出汁で、関西は昆布出汁が主流になっているようです。

かつお出汁と昆布出汁の違いには水質が関係していると考えられています。

関東と関西では食パンにも違いがあるようです。

関東の食パンは6枚切り、関西の食パンでは5枚切りが好まれるようです。

食パンの食感では、関東では香ばしくパリッとした食感で、関西では柔らかくもっちりした食パンが好まれるようです。

関東と関西の食文化の違いには「おにぎり」もあります。

関東のおにぎりは三角形が主流で、関西は俵型のおむすびが好まれます。

次に、関東と関西の味付けの違いの理由・味の濃さの地域の境界線はどこ?などの紹介をします。

 

関東と関西の味付けの違い

 

 

関東と関西の味付けの違いの理由で考えられるものに水質があります。

食の基本に「出汁」があります。

関東ではかつお出汁で、関西では昆布出汁が主流になっているようです。

関西の水は軟水なので「昆布」でも短い時間で良質の出汁がとれ、相性の良い薄口しょうゆが主流になったと考えられています。

関東の水は硬水なので、かつお出汁と相性の良い濃口しょうゆが主流になったと考えられています。

関東と関西の味付けの違いの理由には、他にも諸説あります。

丁稚に薄味の食事をさせていたからとする説。

関東人は肉体労働者が多かったので、濃い味付けを好んだとする説。

関東で濃口醤油が発明されたからとする説。

関西では素材の味を引き出す文化だったから、旨味タップリの濃口醤油が料理に合わなかったとする説などです。

次に、味の濃さの地域の境界線の紹介をします。

 

味の濃さの境界線

 

関東と関西には、濃口と薄口などの味付けの違いがあります。

味付けの違いの理由には諸説ありますが、水質の違いも関係していると考えられています。

関東と関西の味の濃さには境界線があるのでしょうか。

味の境界線があるとすればどの地域になるのでしょうか。

関東と関西で、「うどん」や「そば」や「煮物」を食べると、関東は濃いめで関西は薄めになっています。

出汁の違いの境界線は、関ケ原の戦いが行われた岐阜県だとする説が有力です。

都道府県で分けるなら、新潟県・岐阜県・三重県までが関東の味のようです。


PAGE TOP