かき氷のブルーハワイはいつからある?ブルーハワイの原料、味は?

Sponsored Link

ブルーハワイの味が好きな人も多いようです。

青いブルーハワイ原料が気になりませんか。

ブルーハワイには「かき氷」もあります。

かき氷のブルーハワイはいつからあるのでしょう。

「かき氷」は、「かきごおり」や「欠き氷」と表記されていることもあります。

氷を細かく削るか、砕いてシロップ等をかけた氷菓を「かき氷」と呼んでいます。

「かき氷」は、古くはかんななどで氷を粒状に削っていたようです。

「かき氷」日本だけにある氷菓ではなく、日本以外にも類似のものが各国にあります。

夏季に催される祭礼や縁日での代表的な縁日物(えんにちもの)の一つが「かき氷」です。

「かき氷」は、夏の風物詩のひとつでもあり、夏の季語としても扱われています。

日本で、「かき氷」を売っている店には氷旗を掲げていることが多いようです。

「氷旗」は、一般的に白地に赤い文字で「氷」と書かれた幟(のぼり)になっています。

 

次に、ブルーハワイのこと・ブルーハワイの味・ブルーハワイ原料・かき氷のブルーハワイ・かき氷のブルーハワイはいつから・かき氷のシロップ、などの紹介をします。

 

ブルーハワイ

 

tabemono01_051-1024x1024

 

ブルーハワイを英語表記すると「Blue Hawaii」になります。

ブルーハワイとは、冷たいタイプのラムをベースとするカクテルになります。

ブルーハワイという名の通り、青く仕上がっているカクテルです。

ブルーハワイの青い色は、カクテルの材料に使用するブルー・キュラソーです。

ブルーハワイの名前には、ブルー・キュラソーの青でハワイの海と空を表現し、グラスに入れられるクラッシュド・アイスで波しぶきを表現しているという説があります。

カクテルから派生したソフトドリンクのブルーハワイや、かき氷のブルーハワイも人気があります。

ブルーハワイの味はオレンジの皮のリキュールの味になるようです。

ブルーハワイ原料はオレンジの皮のリキュールです。

ブルーハワイというカクテルには、パインアップルジュースとレモンジュースも入っています。

次に、かき氷のブルーハワイ・かき氷のブルーハワイはいつから、などの紹介をします。

 

かき氷のブルーハワイ

 

610be1ececa0f4eb9452bfc6ffe177e1_t

 

ブルーハワイの味はオレンジの皮のリキュールの味になります。

オレンジの皮のリキュールがブルーハワイ原料になります。

かき氷のブルーハワイは、夏の空や夏の海をイメージさせる青色です。

涼しそうなブルーハワイのかき氷はいつから食べられているのでしょうか。

かき氷のブルーハワイの始まりは諸説あります。

昭和40年代に入って冷蔵庫が普及したことで、家庭で「かき氷」が食べられるようになりました。

「かき氷」ブームが生まれた時期に、海外旅行の自由化でハワイブームが生まれたことが「かき氷」のブルーハワイの誕生に繋がったとする説があります。

「かき氷」のブルーハワイが食べられ始めたのは、1965年頃からと考えられています。

かき氷のブルーハワイの味は、サイダー系とフルーツ系が主流のようです。

サイダー系は、ハワイの空や海のさわやかさをイメージしています。

フルーツ系は、オレンジの皮を使ったリキュールのブルーキュラソーにパイナップルジュースとレモンジュースを加えてあります。

次に、かき氷のシロップを紹介します。

 

かき氷のシロップ

 

かき氷のブルーハワイの味には、サイダー系とフルーツ系があるようです。

ブルーハワイ原料はオレンジの皮のリキュールになります。

かき氷のブルーハワイのいつから?には諸説あります。

1965年頃からかき氷のブルーハワイが食べられているとする説が有力です。

かき氷のシロップには、ブルーハワイだけでなくいろいろあります。

・イチゴシロップ・メロンシロップ・レモンシロップ・コーラシロップ

・水(すい)・マンゴーシロップ・オレンジシロップ・日向夏シロップ

・レインボー・濃縮乳酸菌飲料・コーヒー・黒蜜・加糖練乳・梅酒、などです。


PAGE TOP