チョコレートを食べすぎると鼻血が出る?頭痛、めまいがする?

Sponsored Link

チョコレートは美味しいですね。

チョコレート大好きの女性や子供たちも多いようです。

最近ではチョコレートファンの男子も増えているようです。

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る?

チョコレートを食べ過ぎると“めまい”がする?

チョコレートを食べ過ぎると頭痛?

チョコレートの食べ過ぎは、鼻血・めまい・頭痛になると言われることがありますが、本当でしょうか!

チョコレートの英語表記は「chocolate」になります。

チョコレートは、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料としています。

カカオマスに、砂糖・ココアバター・粉乳などを混ぜて練り固めた食品です。

チョコレートファンは、略して「チョコ」と呼んでいるようです。

チョコレートをフランス語で「ショコラ」と呼ばれることもあります。

現在の工業生産チョコレートには、カカオマス・砂糖・ココアバター・粉乳などの主要材料以外にもいろいろ加えています。

原料コスト削減・加工性アップ・加工コスト削減・風味の向上、などの目的で様々な添加物が配合されるようです。

 

次に、チョコレートの食べ過ぎと鼻血・チョコレートの食べ過ぎとめまい・チョコレートの食べ過ぎと頭痛?・チョコレートの種類・チョコレートの効能、などの紹介をします。

 

チョコレートの食べ過ぎ

 

C824_choko3_TP_V

 

チョコレートの食べ過ぎは鼻血がでる、チョコレートの食べ過ぎはめまいになる、チョコレートの食べ過ぎは頭痛?などと子供の頃に言われたことはありませんか。

子供の頃に、チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る、と聞いたことがある人も多いと思います。

医学的には、チョコレートを食べ過ぎると鼻血がでるという根拠はありません。

チョコレートには糖分とカフェインが含まれています。

糖分の過剰摂取やカフェインの過剰摂取は、「めまい」や「頭痛」に繋がることもあるようです。

美味しいチョコレートは食べ過ぎないようにした方がよさそうです。

 

チョコレートの種類

 

adtDSC_8305

 

チョコレートを食べ過ぎると鼻血でるというのは、医学的には根拠がないようです。

チョコレートを食べ過ぎると「めまい」を起こすや、チョコレートの食べ過ぎは頭痛?になるというのは本当のようです。

チョコレートには糖分とカフェインが含まれているので、過剰摂取は健康にも良くありません。

チョコレートの種類は、製造方法や形状によって区分されます。

チョコレートには、・ソリッドチョコレート・ホローチョコレート・シェルチョコレート・パンワークチョコレート・エンローバーチョコレート・スプレーチョコ、などがあります。

「ソリッドチョコレート」は、 チョコレート生地だけで作られている板チョコです。

ソリッドチョコレートは、厚みによっても味の印象が変わるとされています。

「ホローチョコレート」は、中が空洞になったタイプです。

ホローチョコレートには、イースター・エッグを模したもの・動物などをかたどったもの、などがあります。

「シェルチョコレート」は、チョコレートで殻を作って中にクリームなどの中身を詰め込んだタイプです。

シェルチョコレートでは、ウイスキーボンボンが有名ですね。

 

チョコレートの効能

 

チョコレートには、カカオポリフェノールや食物繊維が含まれています。

ポリフェノール含有量は、ビターチョコレート> ミルクチョコレート>ホワイトチョコレートになります。

カカオポリフェノールを摂るのであれば、カカオ分の高いハイカカオチョコレート(ビターチョコレート)がおススメです。

チョコレートの効果効能には、動脈硬化予防・ガン予防・認知症予防・疲労回復・集中力アップ・記憶力アップ・便通改善、などがあります。

チョコレートには効果効能もありますが、糖質や脂質が多く高カロリー食品なので食べ過ぎには注意が必要です。

板チョコ1枚(50~60g)で280~300Kcalだとされています。


PAGE TOP