ウスターソースの「ウスター」とは何?中濃ソースとの違い

Sponsored Link

料理の調味料にはソースは欠かせませんね。

ソースの英語表記は「sauce」です。

ソースは、料理に用いられる中間的な食品や調味料になります。

ソースは料理の調味に大切な役割を担っています。

形状は、液状またはペースト状になっています。

 

次に、ソースのこと・ウスターソースのウスターとは・ウスターソースと中濃ソースの違い・中濃ソース、などの紹介をします。

 

ソース

 

cooking_sauce_kakeru

 

ソースは大きく2つに区分されます。

醤油のように調理のため購入する加工製品と、通常調理時に作るものです。

調理に利用する加工製品は、ガラス瓶・プラスチック製ボトル・パックに入れて販売されています。

サラダ向けソースはドレッシングと呼ばれています。

ソースは世界中の料理の基本要素のひとつになっています。

ソースには多くのバリエーションがあります。

トマトケチャップやトマトソースなどのトマトベースのソース、他の野菜や様々な香辛料ベースなど多数のソースがあります。

ソースには、甘いもの・冷やしてつかうもの・温めてつかうもの・デザートにかけるもの・料理に添えるものなど、いろいろなタイプがあります。

西洋のソースには、ホワイトソース・ブラウンソース・ベシャメル系ソース・乳化ソース・バターソース・トマトソース・オイルソース系・生野菜の微塵切りを含むソース、などがあります。

アジアのソースには、シーフード系ソース・チリソース系などがあります。

日本の代表的なソースは「醤油」です。

次に、ウスターソースのウスターとは・ウスターソースと中濃ソースの違い・中濃ソース、などの紹介をします。

 

ウスターソース

 

ウスターソースの別名には、「ウスターシャソース」・「ウースターソース」などがあります。

ウスターソースは、野菜や果実などのジュースやピューレなどに、食塩・砂糖・酢・香辛料を加えて調整・熟成させた調味料です。

日本の行政上では、「中濃ソース」やとんかつソースなどの「濃厚ソース」もウスターソース類として扱われています。

日本語で単に「ソース」と言った場合は、ウスターソース類全般のことを指しています。

一般的に、ウスターソースと言えば、ウスターソース類の中でも粘度の低い製品を指すことが多いようです。

ウスターソースは、19世紀初頭にイギリスのウスターシャー州で、ウスターの主婦が、食材の余りと調味料でつくったとされています。

食材の余りと調味料で偶然にできたソースが、ウスターソースの始まりとされています。

ウスターソースのウスターとは、イギリスのウスターシャー州のウスターの主婦が作ったことからきているようです。

日本のウスターソースはJAS規格で定められています。

JAS規格では「ウスターソース類のうち、粘度が0.2Pa・s未満のもの」と定義されています。

次に、ウスターソースと中濃ソースの違いを分かるために「中濃ソース」概要を紹介します。

 

中濃ソース

 

kohacu_com_000735_20180303_v2

 

ウスターソースの名前のウスターとは、イギリスのウスターシャー州のウスターの主婦が作ったことが関係しているようです。

ウスターソースは、野菜や果実などのジュース・ピューレと、食塩・砂糖・酢・香辛料を調整・熟成させた調味料になります。

ウスターソースと中濃ソースの違いを分かるために「中濃ソース」の概要を紹介します。

日本のソースは「ウスターソース類」と呼ばれて、JAS規格で定められています。

ウスターソース類は、とろみや味の違いで3種類に分けられています。

ウスターソース・中濃ソース・とんかつソースの3種類です。

中濃ソースは、JAS規格でウスターソース類のうち、粘度が0.2Pa・s以上 2.0Pa・s未満のものと定義されています。


PAGE TOP