カフェオレとコーヒー牛乳の割合の違い

Sponsored Link

コーヒー牛乳とカフェオレは、まったく別の飲み物としていますが、カフェオレとコーヒー牛乳の違いが気になりませんか。

味そのものすら別の飲み物に思える、カフェオレとコーヒーでも明確な違いを説明するのは難しいです。

カフェオレは、深煎りコーヒーに牛乳を加えた飲み物になります。

コーヒー牛乳は、牛乳・コーヒー・砂糖などで作る乳飲料になります。

コーヒー牛乳もカフェオレも原料としてはほぼ同じと言えてしまいます。

カフェオレとコーヒー牛乳の違いは、コーヒーと牛乳の割合の違いでしょうか。

 

次に、カフェオレとコーヒー牛乳の違い・カフェオレとコーヒー牛乳のコーヒーなどの割合・カロリーの違い、などの紹介をします。

 

カフェオレ

 

sy_091

 

カフェオレとコーヒー牛乳の違いを分かるために「カフェオレ」の概要を紹介します。

カフェオレのフランス語表記は「cafe au lait」です。

カフェオレは、フランス人が好むコーヒーの飲み方です。

「lait」は牛乳のことです。

フランス人は、朝食時にカフェオレをたっぷりと飲むようです。

カフェオレを飲むようになったのは、朝の「すきっ腹」に濃いコーヒーは胃に刺激が強い過ぎるので牛乳で和らげるためのようです。

朝、目を覚ますためには濃いコーヒーが良いですが、カフェオレならば胃にやさしく目を覚ませそうですね。

日本ではカフェオレをカップで飲みますが、フランスでは「カフェオレ ボウル」で飲まれるようです。

「カフェオレ ボウル」は、日本の丼鉢のような大きな陶器の器です。

「カフェオレ ボウル」のことは、単に「ボウル(Bol)」・「朝食ボウル」とも呼びます。

カフェオレの淹れ方は、濃く淹れたコーヒーと熱い牛乳をカフェオレボウルに1:1の同量を同時に注ぎます。

次に、コーヒー牛乳・カフェオレとコーヒー牛乳のコーヒーなどの割合・カロリーの違い、などの紹介をします。

 

コーヒー牛乳

 

coffee01_blend

 

カフェオレとコーヒー牛乳の違いを分かるために「コーヒー牛乳」の概要を紹介します。

コーヒー牛乳は、牛乳にコーヒー・砂糖などを入れたコーヒー入り乳飲料です。

家庭では牛乳にコーヒーと砂糖を入れてコーヒー牛乳と呼びますが、

市販品では、生乳100%のものしか「牛乳」と表記できないので、「コーヒー入り乳飲料」となっています。

次に、カフェオレとコーヒー牛乳のコーヒーなどの割合・カロリーの違い、などの紹介をします。

 

カフェオレとコーヒー牛乳

 

カフェオレとコーヒー牛乳の違いは、コーヒーと牛乳のどちらが主役かになります。

カフェオレの主役は「コーヒー」です。

カフェオレはコーヒーの飲み方の一つです。

コーヒーが主役で牛乳は脇役になります。

カフェオレはコーヒーと牛乳の割合が決まっています。

ドリップコーヒーにスチームミルクを1:1の割合で加えます。

コーヒー牛乳は、牛乳が主役でコーヒーが脇役になります。

コーヒー牛乳の場合は、コーヒーと牛乳の割合は決まっていません。

また、作り方のレシピも明確ではありません。

コーヒーに牛乳を入れても、牛乳にコーヒーを入れてもコーヒー牛乳になります。

カフェオレの場合は、牛乳とコーヒーの量が同じなのでカロリーはほぼ一定です。

無糖カフェオレであれば170g程度のカップ1杯が約60Kcalです。

コーヒー牛乳は、コーヒーと牛乳の割合が決まっていないのでカロリーは変化します。

牛乳とコーヒーの割合によって、カフェオレよりもカロリーが多くなります。


PAGE TOP