鍋焼きうどんのアルミ鍋は再利用できる?アルミ鍋のゴミの分別方法

Sponsored Link

「鍋焼きうどん」のアルミ鍋は再利用できるのでしょうか?

「鍋焼きうどん」を食べた後の、アルミ鍋のゴミ分別に困っている人も多いようです。

アルミ鍋の便利な使い方を知っていれば役立ちそうです。

「うどん」の漢字表記には「饂飩」があります。

次に、饂飩(うどん)の概要を紹介します。

「うどん」は、小麦粉を練って長くした、食べやすい太さを持細長い麺です。

「うどん」には、乾麺に関して太さによる規定がある以外は厳密には定まっていません。

細い麺には「稲庭うどん」があり、厚みの薄い麺も乾麺では「きしめん、ひもかわ」なども「うどん」に含まれています。

うどんを食べる器によって、

・丼に入った「かけうどん」・皿に入った「うどん鉢」・ざるに入った「ざるうどん」

・鍋に入った「鍋焼きうどん」・桶に入った「うどん桶」・たらいに入った「たらいうどん」

などがあります。

日本で三大うどんの候補になるのは、

・香川県の「讃岐うどん」・秋田県の「稲庭うどん」・長崎県の「五島うどん」

・群馬県の「水沢うどん」・富山県の「氷見うどん」・愛知県の「きしめん」、などがあります。

 

次に、鍋焼きうどん・市販の鍋焼きうどん・鍋焼きうどんのアルミ鍋の再利用・鍋焼きうどんのアルミ鍋のゴミ分別、などの紹介をします。

 

鍋焼きうどん(なべやきうどん)

 

food_nabeyakiudon

 

鍋焼きうどんは、饂飩(うどん)を用いた煮込みうどんの一種になります。

うどん屋では単に「鍋焼き」とも呼ばれています。

「鍋焼き」には「焼き」の名が入りますが、通常の「焼きうどん」とは全く異なります。

鍋焼きうどんは「小鍋料理」の部類になります。

うどん店では、一人用の小型の土鍋に入った麺汁と饂飩(うどん)に、蒲鉾・シイタケ・油揚げ・エビの天ぷら・生卵・麩などの具材を乗せて煮たものが出されます。

アルミ鍋に、麺汁・うどん・蒲鉾・麩などの具材が入ったインスタント食品も人気があります。

お店では、鍋にグツグツと沸騰した鍋焼きうどんを直接鍋から食べます。

鍋焼きうどんの具材は多様です。

地域やうどん店によって、卵を伊達巻に代えたり、青菜やニンジンなどの野菜類が入っていたり、牛肉・鶏肉・つみれ・つくね、などを入れたり、バリエーションには幅があります。

調味料に味噌を使用している鍋焼きうどんは、「味噌煮込みうどん」と呼ばれていることもあります。

次に、鍋焼きうどんのアルミ鍋の再利用・鍋焼きうどんのアルミ鍋のゴミ分別、などの紹介をします。

 

アルミ鍋の再利用

 

CA3A0357

 

鍋焼きうどんは、蕎麦屋やうどん屋の定番メニューとして、特に冬季には人気があります。

只、調理に時間と手間がかかるので、立ち食いスタイルの店のメニューにはほとんどありません。

冬期限定のメニューとして提供する、蕎麦屋やうどん屋も多いようです。

スキー場や山小屋のレストランでは人気が高いメニューですね。

アルミ鍋製の使い捨て鍋を用いた具材入りの冷凍食品も人気です。

アルミ鍋に真空パッケージ化された常温長期保存可能なインスタント食品もあります。

近年ではIH調理器に対応した鍋焼きうどんセットもあるようです。

アルミ鍋のインスタント鍋焼きうどんも美味しいですが、アルミ鍋の処理に悩む人も多いようです。

鍋焼きうどんのアルミ鍋が再利用できれば、悩まなくてもよさそうです。

鍋焼きうどんで使ったアルミ鍋の再利用では、次のように使った人もいます。

・アルミ鍋で再度鍋焼きうどんを作る。

・使い捨てのパン焼き型&パイ焼き型につかう。

・キャンプやピクニックなどでアウトドア用の鍋容器につかう。

・鉢植えの水受け皿に使う。

・植木鉢の代用品にする、などです。

次に、鍋焼きうどんのアルミ鍋のゴミ分別、などの紹介をします。

 

アルミ鍋のゴミ分別

 

鍋焼きうどんのアルミ鍋を再利用している人も多いようです。

使い終わった鍋焼きうどんのアルミ鍋を、ゴミとして出す時には注意が必要です。

アルミ鍋をゴミとして出す時には、自治体が発行しているゴミ処理に関するパンフレットを確認してください。

ゴミ処理方法の一覧表に、アルミの処分方法が書いてあります。

居住している市町村のホームページにも、ゴミ処理方法の一覧表があります。


PAGE TOP