エスニック料理とはどこの国の料理?代表的な料理と調味料

Sponsored Link

エスニック料理とは、その国や地域に特有の香辛料・調味料を使った料理になります。

日本では一般的に、東南アジアの国で伝わる伝統料理を指すことが多いようです。

一度食べたら印象に残る、独特の調味料やハーブ、スパイスをふんだん使っている料理になります。

独特の香辛料や調味料を使った、日本料理とは全く違う辛さ甘さが効いている料理に人気があるようです。

 

次に、エスニック料理とは・エスニック料理の代表?・エスニック料理に使われている調味料などの紹介をします。

 

エスニック料理

 

P033463840_480

 

エスニック料理の「エスニック」には「民族的な」という意味があります。

日本で、「エスニック料理」という場合は、東南アジア諸国のタイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・シンガポールなどの伝統料理を指しています。

クセになる独特の香辛料や調味料を使っている東南アジアの料理を食べると、ちょっと外国に行った気分になれますね。

日本料理では味わうことができないエキゾチックな味わいが人気です。

東南アジアのエスニック料理には、

・タイ料理・ベトナム料理・インドネシア料理・マレーシア料理・シンガポール料理

・カンボジア料理・イーサーン料理・ビルマ料理・フィリピン料理・ブルネイ料理

・ニョニャ料理などがあります。

次に、エスニック料理の代表?・エスニック料理に使われている調味料などの紹介をします。

 

エスニック料理の代表?

 

s_0no0

 

エスニック料理とは、エキゾチックな味わいの東南アジア諸国の料理になります。

エスニック料理の代表的な国には、タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・シンガポールなどがあります。

タイ料理のスープ・ゲーン(カレー等)には、

・「トムヤムクン」・「トムカーガイ」・「トムチャプチャイ」・「ゲーンヂュート ルークチン ムー」

・「ゲーン ペット」・「ゲーン キヨウ ワーン」・「ゲーン ガリー」・「ゲーン ソム」

・「ゲーン マッサマン」、などがあります。

タイ料理の麺類には、

・「バミー」・「クァイティオ」・「カオソーイ」・「パッタイ」・「パッキーマオ」

・「カノム ジーン」、などがあります。

タイの肉&魚料理には、

・「クン オプ ウンセン」・「タイスキ」・「ネーム」・「プー パッ ポン カリー」

・「ガイ ヤーン」・「サテ」、などがあります。

ベトナム料理では、「フォー」・「春巻き」・「バインミー」などが人気あります。

インドネシア料理では、「ナシゴレン」・「ミーゴレン」などが人気あります。

マレーシア料理やシンガポール料理では、「ラクサ」・「チキンライス」・「バクテー」などが人気あります。

次に、エスニック料理に使われている調味料などの紹介をします。

 

エスニック料理の調味料

 

エスニック料理とは、東南アジア食の料理になります。

エスニック料理の代表的な国には、タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・シンガポールなどがあります。

エスニック料理に使われている基本の調味料には、

・ナンプラー・オイスターソース・ジャン・スイートチリソース・ココナッツミルク、などがあります。

ナンプラーは、「魚醤」と呼ばれる醤油の仲間と考えられます。

日本の醤油は大豆や麦などの穀物を塩漬けにして発酵させて作ります。

「魚醤」は、大豆や麦の代わりに魚を使います。

魚特有の香りが「魚醤」の特徴です。

魚特有の香りにこだわらなければ、日本の薄口醤油でも代用できます。


PAGE TOP