鰻と食べ合わせが悪い食べ物は何?

Sponsored Link

食べ合わせによっては体調不良につながる食材があります。

昔から、鰻と“梅干”は食べ合わせ悪いとされています。

鰻の栄養成分が梅干を食べると消されてしまう・油っぽい鰻料理とすっぱい梅干を一緒に食べるとお腹の調子を悪くするなどの話がありますが、実際はまったく根拠のない迷信です。

老舗のうなぎ屋さんには付け合わせに梅干があるお店もあるようです。

食べ合わせの正式名は合食禁(がっしょくきん)・食合禁(しょくごうきん)です。

食べ合わせ(合食禁)は、一緒に食べると身体に悪い影響をあたえる食材の言い伝えになります。

一緒に食べることで消化に害を来たすとされています。

一緒に食べたら身体の調子を悪くする食材の組み合わせよりも気を付けなければいけないのは薬との食べ合わせです。

薬と食材との組み合わせは、一般的には「食べ合わせ(合食禁)」ではなく「飲み合わせ」と呼ばれています。

特定の薬剤と食材の成分が相互作用を起こして、薬効減衰や副作用が強まったりします。

 

次に、飲み合わせと食べ合わせ・鰻との良い食べ合わせ悪い食べ合わせの紹介をします。

 

鰻と悪い食べ合わせ食材

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鰻と食べ合わせ悪い食材として有名なのは“梅干”です。

鰻と梅干の食べ合わせは迷信です。

医学的には梅干には胃酸を濃くする作用があるので、鰻の油分の消化をサポートすると考えられています。

鰻と梅干の食べ合わせを試した人も多く、全く問題がなかったという結果になっているようです。

鰻との食べ合わせでは、スイカや氷やアイスクリームなどではないでしょうか。

スイカや氷やアイスクリームは胃液を薄めます。

胃液が薄まると油分の多い鰻の消化に支障がでます。

胃腸が弱い人は鰻とスイカ・氷・アイスクリームとの組み合わせは避けた方がよさそうです。

 

鰻との良い食べ合わせ

 

ORG

 

鰻との食べ合わせ悪い食材・食品には、スイカ・氷・アイスクリームがあります。

鰻との食べ合わせが良い食べ物には、トマト・きゅうり・やまいも・れんこんがあります。

夏バテの解消や虚弱体質の改善が期待できます。

鰻と春菊・ネギ・唐辛子・酢・味噌があります。

神経痛・リウマチ・脚気の改善に期待できそうです。

鰻とネギ・ニンニク・しょうが・ニンジンとの組み合わせで冷え性の改善が期待できます。

 

飲み合わせ

 

「飲み合わせ」は「食べ合わせ」よりも気を付けなければいけません。

良く知られている鰻と梅干の食べ合わせ悪いは迷信なので気にしなくてもよさそうです。

「飲み合わせ」注意の薬と食材では、グレープフルーツとカルシウム拮抗剤があります。

レープフルーツとカルシウム拮抗剤を飲み合わせることで薬効が強まります。

急激な血圧降下が見られることもあるそうです。

カルシウム拮抗剤をグレープフルーツジュースで飲まないようにしましょう。

アルコール飲料と糖尿病の治療薬(インスリン・経口血糖降下薬)も「飲み合わせ」注意の組み合わせです。

糖尿病治療薬と酒を組み合わせると重篤な低血糖を招くことがあるようです。

糖尿病が治まるまではお酒は飲まないようにしませんか。

「飲み合わせ」については他にもたくさんあります。病院での指示にはキチンと従ってください。


PAGE TOP