「もつ」の栄養と美肌、美容効果。カロリーはどれくらい?

Sponsored Link

「もつ」は栄養成分が豊富な食材です。

「もつ」は、鳥獣肉の臓物(ぞうもつ)になります。

「もつ」は、内臓肉・ホルモン・畜産副生物などとも呼ばれます。

中国語では「下水」・韓国語では「コプチャン」・欧米では「バラエティミート」・「ファンシーミート」と呼ばれています。

 

次に、「もつ」の栄養成分や部位の名前や料理などの紹介をします。

 

内臓肉(もつ)の栄養成分

 

P021625342_480

 

内臓肉(もつ)の栄養成分を紹介します。

内臓肉(もつ)の栄養成分は、ビタミンA・ビタミンB群・鉄分が主になります。

内臓肉(もつ)は常温では腐敗速度が速いのが特徴です。

正肉と比較して保存が悪いので通常は廃棄物とされていました。

牛の正肉は、死後硬直を経てから1~3週間くらい経過すると美味しくなると言われています。

正肉と比べて内臓肉(もつ)は保存性が悪いので、新鮮なものを食用にします。

一般的に内臓肉(もつ)は、食肉卸売業のセリを通らずに供給される&保存性が低いことから安価になっています。

 

「もつ」の分類

 

g_16159_1

 

「もつ」の栄養成分ではビタミンA・ビタミンB群・鉄分が主になります。

次に、「もつ」の分類を紹介します。

心臓は、「ハツ」・「ハート」・「ココロ」と呼ばれます。

肺臓は、「フワ」・「フク」・「プップギ」と呼ばれます。

肝臓は、「レバー」・「キモ」と呼ばれます。

胃は、「ミノ」・「ハチノス」・「センマイ」と呼ばれます。

脾臓は、「タチギモ」・「チレ」と呼ばれます。

膵臓は「シビレ」・腎臓は「マメ」・乳房は「チチカブ」・横隔膜は「ハラミ」や「サガリ」と呼ばれます。

小腸は「コプチャン」・「ホルモン」・「シロ」・「ヒモ」と呼ばれます。

大腸は「テッチャン」・「ホルモン」・「シロ」と呼ばれます。

 

「もつ」の料理

 

美味しい「もつ」料理で栄養補給しませんか。

人気の「もつ」料理を紹介します。

「ホルモン焼き」は、豚もつや牛もつなどを直火であぶり焼いた料理です。

鉄板上で焼いて食べる鉄板焼が人気です。

「焼き鳥」は、鶏・牛・豚のもつなどを串に刺して、たれや塩をつけてあぶり焼いた料理です。

「もつ煮」は、豚もつ・牛もつを野菜やこんにゃくと共に味噌味または醤油味で煮込んだ料理です。

「もつ鍋」は、牛・豚・鶏のもつをニラ・キャベツなどの野菜と共に味噌味・醤油味などで煮込んで食べる鍋料理です。


PAGE TOP