キムチの賞味期限や保存方法。酸っぱくなっても食べて良い?

Sponsored Link

キムチには賞味期限があるのでしょうか。

キムチの保存方法では常温・冷蔵・冷凍保存のどれが適切でしょうか。

キムチを食べてすっぱいと感じたときはどうすればよいのか気になります。

キムチは、白菜などの野菜・塩・唐辛子・魚介塩辛・ニンニクなどを使った漬物になります。

昔はキムチのことを朝鮮漬けと呼んでいました。

現在では、朝鮮漬けよりもキムチの名称が定着しています。

キムチは朝鮮料理店や焼き肉店などでのつけ合わせで食べることが多い漬物です。

キムチを豚肉と一緒に炒めた「豚キムチ」などの料理もあります。

キムチ大好きという人も多いですが、キムチは苦手という人も少なからずいるようです。

日本人には縄文系と弥生系の混血だそうですから、キムチが好きな人は弥生系かもしれませんね。

朝鮮でのキムチは厳寒期に備えた保存食でした。

キムチの原型は、野菜を塩で漬けただけのもの~野菜の塩漬けに香辛料(ニンニク・サンショウ)などを加えたものです。

キムチの特徴は、唐辛子の強い刺激・野菜の甘味・乳酸醗酵の酸味などの複雑な風味です。

キムチ大好きの人は上手な保存をしていつまでも美味しく食べてください。

 

次に、キムチの賞味期限・キムチの保存方法・キムチがすっぱいときの対処などの紹介をします。

 

キムチの賞味期限

 

7190737

 

市販のキムチの賞味期限は3週間~1ヶ月になっているようです。

キムチ保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

製品化されたキムチの多くは10℃以下での保存が必要です。

キムチは醗酵食品なので手作りキムチは時間が経過すると醗酵が進んですっぱい味覚になります。

韓国ではキムチに対して賞味期限という発想はないようです。

韓国では賞味期限を考えることなく自己判断で食べられているのが一般的です。

日本で作られているキムチは浅漬けの製法で作られているのが多いようです。

白菜の塩漬けに調味料を加える方法でつくられているので、韓国式のキムチとは区別して考えて賞味期限は守りましょう。

 

キムチの保存方法

 

906bb7f555cbb516037abd8d590a99dd_t

 

日本で製造されたキムチには賞味期限があります。

キムチは正しい保存方法で保存して賞味期限内に食べるのが安全です。

手作りキムチは醗酵食品なので時間の経過とともにすっぱい味覚になります。

キムチは早めに食べるのが良さそうです。

キムチの保存温度は10℃以下となっているケースが多いようです。

寒冷地の冬季であれば10℃以下の外気温なので常温保存ができますが、冬季でも外気温が10℃を超える地域では冷蔵保存をおススメします。

キムチは醗酵食品なので醗酵が進むとすっぱくなります。

キムチは冷蔵保存して早めに食べましょう。

 

キムチがすっぱい

 

市販のキムチは賞味期限内に食べるのが基本です。

キムチは10℃以下が保存の適温なので保存方法は守りましょう。

キムチがすっぱい味になるのは手作りの場合です。

市販のキムチには通常は酸化防止剤が入っているのですっぱくなりません。

キムチがすっぱくなるのは醗酵が進んでいるからです。

酸化防止剤が入っているキムチは醗酵を止められているのですっぱくなりません。

手作りキムチは醗酵が進んで酸っぱくなるので美味しいうちに食べるのが良いですね。


PAGE TOP