すくなかぼちゃの栄養価、レシピ、保存方法

Sponsored Link

すくなかぼちゃの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

すくなかぼちゃを上手に保存して美味しい料理をつくりませんか。

すくなかぼちゃを使った美味しいレシピを知っていれば旬の野菜を美味しく食べられます。

すくなかぼちゃには豊富な栄養価があります。

美味しいすくなかぼちゃを食べて健康美人になりませんか。

すくなかぼちゃの漢字表記は「宿儺南瓜」になります。

岐阜県高山市丹生川町(旧大野郡丹生川村)の特産品になります。

すくなかぼちゃ(宿儺南瓜)は、高山市丹生川町で自家用野菜として栽培されていた野菜です。

平成13年(2001年)に、「宿儺かぼちゃ」と命名されました。

宿儺かぼちゃの名前の由来は、飛騨国に伝わる伝説上の「両面宿儺(りょうめんすくな)」です。

「両面宿儺」とは、仁徳天皇の時代に飛騨に現れたとされる鬼神のことです。

宿儺かぼちゃは、ヘチマのような形・表面が滑らか・淡い緑色に濃い緑色のまだら模様が入っているのが特徴です。

果肉は鮮やかな黄色です。

長さは50~80cmで、重さは1個当たり2.5kg前後になります。

大きくなると5kg程度になることもあります。

宿儺かぼちゃ(すくなかぼちゃ)の収穫期間は8~10月になります。

糖度が高いのが特徴で、スープ・煮物やデザートとして食べられます。

 

次に、すくなかぼちゃの保存方法・すくなかぼちゃを使った美味しいレシピ・すくなかぼちゃの栄養価などを紹介します。

 

宿儺南瓜(すくなかぼちゃ)

 

51jd5xe8n+L._SX425_

 

すくなかぼちゃの漢字表記は「宿儺南瓜」です。

一般的には「宿儺かぼちゃ」の名称で八百屋さんやスーパーに並んでいます。

宿儺南瓜(すくなかぼちゃ)の上手な保存方法や宿儺南瓜(すくなかぼちゃ)を使った美味しいレシピを知っていれば、宿儺南瓜(すくなかぼちゃ)の栄養価を上手に摂取できます。

宿儺南瓜(すくなかぼちゃ)の名前の由来は、仁徳天皇の時代の鬼神の「両面宿儺(りょうめんすくな)」から来ています。

スープや煮物として美味しく食べられています。

糖度が高いかぼちゃなのでデザートにおススメです。

 

すくなかぼちゃの保存方法

 

0331

 

宿儺かぼちゃ(すくなかぼちゃ)の保存方法には常温・冷蔵・冷凍保存が考えられます。

宿儺かぼちゃ(すくなかぼちゃ)を使った美味しいレシピを知って、宿儺かぼちゃ(すくなかぼちゃ)の栄養価を上手に摂取してください。

宿儺かぼちゃ(すくなかぼちゃ)の保存方法では常温保存はおススメできません。

かぼちゃは気温が高い時期の常温保存には向いていません。

収穫期が8~10月なので冷蔵保存をおススメします。

常温保存では、10℃以下の冷暗所でも1日程度が賞味期限になります。

8~10月期の常温保存では4~6時間程度だと考えられます。

冷蔵保存をするときには、調理をして粗熱を取ってから密閉容器に入れて保存します。

定期的に2日に1度位は、かぼちゃの中心まで火を通せば日持ちします。

冷蔵保存期間は2~3日程度です。

冷凍保存は味覚や食感を劣化させるのでおススメできませんが、スープなどで食べるのであれば冷凍保存でもOKです。

 

栄養価や美味しいレシピ

 

すくなかぼちゃのおススメの保存方法は冷蔵保存です。

すくなかぼちゃの人気のレシピはスープとお菓子ですね。

すくなかぼちゃにはビタミン類などの栄養価があります。

栄養素では、ビタミンC・ビタミンE・β―カロテンが豊富です。

効果では、ガン予防・冷え性・体力回復・風邪の予防・貧血・精力減退・前立腺肥大・高血圧・動脈硬化・老化予防などが期待されています。

宿儺かぼちゃ(すくなかぼちゃ)は、一般的な栗南瓜と同じような料理に使えます。

栗南瓜との違いは細長い形です。

宿儺かぼちゃ(すくなかぼちゃ)は細長いので、輪切りにしたり、縦に長い板状にカットして焼いて食べられます。

糖度が高く自然の甘味がシッカリあるので、パンプキンパイやプリンなどのお菓子の材料に最適です。

南瓜特有の青臭みも少ないので、ポタージュスープにすれば美味しく食べられます。

煮物も美味しいですよ。


PAGE TOP