オカヒジキの栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

オカヒジキの美味しい食べ方を知っていれば、オカヒジキの栄養価を効率よく摂取できます。

また、オカヒジキの上手な保存方法を知っていれば美味しい料理を楽しめます。

オカヒジキは、北海道から本州・四国・九州及・南西諸島(種子島~与那国島)まで分布しています。

国外では、朝鮮半島や東アジアに分布しています。

オカヒジキは、日当たりの良い海岸の砂浜・砂礫地・塩生地等に生育しています。

オカヒジキは一年草で高さは20~30cm程度です。

オカヒジキの名前の由来は、多肉質の葉が海藻のヒジキに似ているからです。

オカヒジキは、若い葉や茎を茹でて食べます。

海岸に自生しているオカヒジキは、生で齧ると塩気が効いています。

海岸のオカヒジキはキャベツの浅漬けのような風味があります。

オカヒジキは味にクセがないので、「浸し物」や「和え物」などで食べられます。

 

次に、オカヒジキのことや食べ方・オカヒジキの栄養価・オカヒジキの保存方法などを紹介します。

 

オカヒジキ

 

h65m_7585

 

オカヒジキの美味しい食べ方には、「浸し物」や「和え物」があります。

オカヒジキの栄養価を効率よく摂取するには美味しく調理するのがベストです。

オカヒジキの上手な保存方法を知れば美味しいオカヒジキを楽しめます。

オカヒジキはレッドデーターブックに記載されています。

秋田県では準絶滅危惧種・宮城県では要注目種になっています。

東京都の本土部東部では現状不明・東京都の伊豆諸島ではCランクになっています。

鳥取県では準絶滅危惧・鹿児島県では分布特性上重要な種・沖縄県では絶滅危惧Ⅱ類になっています。

 

オカヒジキの食べ方と栄養価

 

20170701090449bd8

 

オカヒジキの美味しい食べ方を知って、オカヒジキの栄養価を効率よく摂取しませんか。

オカヒジキの主な料理には、浸し物・和え物・サラダ・炒め物・かき揚げ・刺身のツマなどがあります。

オカヒジキの栄養価には、β―カロテン・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などのミネラルがあります。

オカヒジキの効果・効能で期待されているのは、高血圧予防・動脈硬化の予防・骨生成・視力改善・髪の健康維持などです。

オカヒジキに含まれているカリウムにはナトリウムを排泄する役割があります。

カリウムには、長時間の運動による筋肉の痙攣を防ぐ働きもあります。

β―カロテンには、抗がん作用・動脈硬化予防・免疫力アップ・老化予防などの働きがあります。

 

オカヒジキの保存方法

 

オカヒジキの主な食べ方は、浸し物・和え物・サラダ・炒め物・かき揚げ・刺身のツマなどです。

オカヒジキの栄養価ではβ―カロテンが注目されますね。

オカヒジキの選び方と保存方法を紹介します。

オカヒジキの旬は4~6月頃になります。

オカヒジキの主な産地は東北地方になります。

オカヒジキを選ぶときには、葉が濃い緑色・全体的なハリ・小さめのものにします。

オカヒジキは傷みやすいので購入したらすぐに調理して食べるのがベストです。

保存するときには、根元を取り除いてから乾燥しないようにラップに包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

 


PAGE TOP