野菜に含まれる硫化アリルの効果。加熱しても効能はある?

Sponsored Link

アリシンは、硫化アリルの一種です。

アリシン(硫化アリル)は、ニンニク・玉ねぎなどの独特の刺激臭(香気成分)や辛味の成分になります。

アリシン(硫化アリル)を多く含む野菜は、ニンニク・玉ねぎ・長ネギ・ニラなどのネギ科の野菜です。

特にニンニクに多く含まれています。

 

次に、アリシン(硫化アリル)とは・硫化アリルの効果・硫化アリルは加熱調理しても大丈夫?などの紹介をします。

 

アリシン

 

e89f066b6a1ac7a90c2268ef7f2a4d43

 

ニンニク・玉ねぎ・長ネギ・ニラなどのネギ科の野菜に多く含まれているアリシンは硫化アリルのことです。

アリシン(硫化アリル)の効果や、野菜に含まれるアリシン(硫化アリル)はどの程度まで加熱調理してよいのでしょうか。

効果が失われない調理方法を知っていれば、美味しく効率よく有効成分を摂取できます。

ニンニクに多く含まれているアリシン(硫化アリル)の効果が解明されたのは70年以上前のことです。

ニンニクは古くから滋養強壮・疲労回復・風邪予防などの効果を期待して食べられていました。

ニンニクの有効成分であるアリシン(硫化アリル)は1944年に解明されました。

 

硫化アリルの効果

 

arisinn

 

アリシン(硫化アリル)を多く含む野菜は、ニンニク・玉ねぎ・長ネギ・ニラなどのネギ科の野菜です。

アリシン(硫化アリル)の健康効果には、血液サラサラがあります。

アリシン(硫化アリル)には血液凝固を遅らせる働きがあります。

血液をサラサラにする働きや血液中の脂質を減らす働きがあるので生活習慣病予防に役立ちます。

生活習慣病とは心臓病・脳梗塞・脂質異常症・肥満・高血圧・糖尿病などです。

アリシン(硫化アリル)を含む野菜を食べて、糖尿病・高血圧・動脈硬化予防しませんか。

アリシン(硫化アリル)とビタミンB1と一緒に摂取すると、新陳代謝アップ・慢性疲労回復・筋肉疲労回復が改善できます。

元気不足の人は、毎日アリシン(硫化アリル)を含む野菜料理を食べませんか。

アリシン(硫化アリル)は、神経の鎮静化や不眠症改善効果も期待できます。

身体を温めて発汗をうながす作用もアリシン(硫化アリル)にあります。

風邪や発熱の改善におススメの野菜です。

アリシン(硫化アリル)を含む野菜を加熱調理しても効果をキープできるのか気になります。

 

アリシン(硫化アリル)と加熱調理

 

アリシン(硫化アリル)は熱に弱くて水に溶ける性質があります。

アリシン(硫化アリル)を効果的に摂取するなら野菜の加熱調理はおススメできません。

加熱することでアリシン(硫化アリル)の健康効果は減少します。

長く加熱すると消えてしまいます。

アリシン(硫化アリル)を有効利用するなら生のままサラダなどで食べることをおススメします。


PAGE TOP