ミニトマトとトマトと栄養価などの違い。トマトはミニトマト何個分?

Sponsored Link

ミニトマトとトマトには違いがあるのでしょうか。

トマトはミニトマトの何個分あるのか気になりませんか。

トマトは、南アメリカのアンデス山脈のペルー・エクアドルなどの高原地帯を原産地とするナス科ナス属の植物になります。

栄養成分豊富な美味しい緑黄色野菜になります。

トマトには、「唐柿(とうし)」・「赤茄子(あかなす)」・「蕃茄(ばんか)」・「小金瓜(こがねうり)」・「珊瑚樹茄子(さんごじゅなす)」などの呼び名もあります。

 

次に、ミニトマトとトマトの違いやトマトはミニトマトの何個分あるかなどの紹介をします。

 

トマト

 

65130f149e4b872be0e1b461f8825792-680x680

 

ミニトマトとトマトの違いを明確化するためにトマトの概要を紹介します。

トマトはピンク系と赤系と緑系に大別されます。

ピンク系トマトの果実はピンク色をしています。

赤系トマトの果実は濃い赤やオレンジ色をしています。

日本ではピンク系トマトが生食用として人気がありますが、世界では多くの品種が赤系トマトです。

赤系トマトの多くは加工用になっています。

赤系トマトには、抗酸化作用を持つ成分のリコピンが多量に含まれています。

トマトにはピンク系・赤系・緑系の他にも、黄色・褐色・複色で縞模様のものもあります。

世界には、8000種を超える品種があるとされています。

日本には120種を超えるトマトが品種登録されています。

次に、ミニトマトの概要とトマトはミニトマトの何個分などについて紹介します。

 

ミニトマト

 

e51m_7598

 

ミニトマトとトマトの違いは大きさです。

トマトはミニトマトの何個分あるのでしょうか。

トマトは色で分類するとピンク系・赤系・緑系に大別されています。

トマトの果実の大きさを分類すると3つに分けられます。

大玉トマト・ミニトマト・中玉です。

大玉トマトは200g以上のトマトになります。

ミニトマトは20~30gのトマトになります。

中玉(ミディ)は大玉トマトとミニトマトの中間の重さになります。

ミニトマトとは一口で食べられる20~30gの大きさです。

ミニトマトはサラダなどで食べられることが多いですね。

大玉トマトはミニトマトの何個分かは重さで分かりますね。

大玉トマトはミニトマトの10個分程度になるようです。

 

トマトとミニトマトの違い

 

トマトは栽培方法によって重さが変化するとされています。

大玉トマト・ミニトマト・中玉トマトは品種とは関係ありません。

トマトには果実の大きさに適した品種があります。

ミニトマトに適した品種では、パキーノ地方原産のパキーノトマト(チェリートマト)があります。

ミニトマトを作る方法には栽培時の水の制限があります。

大玉に適した品種のトマトでも、水を極力与えず高糖度化をはかると果実が小さくなります。

ミニトマトの中に、小さく甘みの強いフルーツトマトがあります。

フルーツトマトは、高糖度化をはかったトマトのことです。

フルーツトマトとは品種名ではありません。


PAGE TOP