食後に飲む薬を食べないで空腹時に薬を飲んでも大丈夫?副作用は?

Sponsored Link

薬の飲み方に苦労している人も多いようです。

会社勤務や家事・育児で忙しいと薬の飲み忘れをしてしまいます。

食後に飲まなけれがいけない薬を、料理を食べないで飲んでしまうこともあります。

食前に飲まなければいけない薬を、食事後に飲んでしまうこともあります。

食間という表示に迷う人も多いようです。

正しい薬の飲み方をもう一度キチンとチェックしたほうが良さそうです。

 

次に、薬の飲み方のポイント・食前・食間・食後の飲み方・食事を食べないで飲んだ時の副作用・正しい薬の飲み方などの紹介をします。

 

正しい薬の飲みかた

 

kusuri_nomu

 

薬を食後に飲まなければいけないのに、食事を食べないで飲んだことありませんか。

正しい薬の飲み方をしないと薬の効果が得られないばかりか副作用の心配も発生します。

薬を飲むときのポイントは5つあります。

・正しいタイミング・正しい量・正しい方法・正しい期間・正しい飲み合わせです。

正しいタイミングでは、食前・食後・食間などの時間を守ります。

薬は自己判断で飲む量を変えてはいけません。

処方された正しい量を飲みます。

薬を飲む方法はコップ1杯の水で飲むのが原則です。

薬は自己判断で服用を中止してはいけません、指示通りの期間は服用するのが基本です。

薬には一緒に飲んではいけない薬や食品・サプリメントがあるので注意が必要です。

医師や薬剤師に服用中の薬を伝えてください。

 

間違った飲み方

 

medical_kusuri_takusan

 

正しい薬の飲み方には5つのポイントがあります。

正しいタイミング・正しい量・正しい方法・正しい期間・正しい飲み合わせに気を付けてください。

薬は、治癒力のサポートや体の中の細菌の消滅・熱を下げたい時などに用います。

正しく使えば健康を復活するのに役立ちますが、使い方を間違えると効果を得られないだけでなく健康を害したりする可能性があります。

薬の袋に書いてある「食前・食後・食間」は薬を飲むタイミングになります。

薬の飲むタイミングは大切です。

 

食前・食後・食間の薬の飲み方

 

薬を飲むタイミングには食前・食後・食間があります。

「食前」とは料理を食べないで飲むタイミングになります。

食前に飲む薬は、胃の中に何もない状態の時に飲んだ方が効果的な薬になります。

薬を飲んで30分ぐらい空けてから食事をしてください。

食前に飲む薬には、漢方薬・胃腸薬・糖尿病薬などがあります。

「食後」にのむ薬は、食後すぐに飲むことを指示していません。

食後30分以内に飲むように指示した薬になります。

食後に飲む薬は、胃に刺激を与えるような強い薬になります。

胃に食べ物が入っている状態の時に飲まなければ、薬で胃が荒れてしまうので注意してください。

「食間」の薬は、食事をしてから約2時間経過してから飲みます。

食事の影響を受けやすい胃腸薬・漢方薬などになります。

「食間」の薬を、食事中に飲むものと勘違いしている人もいます注意してください。

正しい薬の飲み方の5つのポイントの、

正しいタイミング・正しい量・正しい方法・正しい期間・正しい飲み合わせをもう一度確認しませんか。

 


PAGE TOP