ヘチマは食べられる?種も食べる?栄養はある?食べる地域と食べ方

Sponsored Link

ヘチマは食べられるそうです。

へちまを食べる地域が日本のどこなのか気になりませんか。

ヘチマはどのような食べ方をされているのでしょうか。

ヘチマの漢字表記は「糸瓜」・「天糸瓜」になります。

ヘチマの原産はインドでウリ科の一年草の果実になります。

日本に渡来したのは室町時代と考えられています。

ヘチマはつる性の植物で、巻きひげで他のものに絡みつきながら生長します。

果実は細長く、大きなキュウリのような形をしています。

ヘチマにいろいろな用途があります。

若い果実は食用にされます。

果実は成熟すると次第に乾燥して種子の周囲が繊維で支えられた空洞となります。

成熟した果実は強い繊維を利用して「たわし」などに使われます。

 

次に、ヘチマの栄養成分・ヘチマは食べられる?へちまを食べる地域・ヘチマの食べ方と料理などの紹介をします。

 

ヘチマの栄養成分

 

dfb0d9e15fcb21002a8d33b1624722ca_t

 

ヘチマは食べられるのでしょうか。

台湾では食べられていますが、日本にもへちまを食べる地域があるのか気になりますね。

ヘチマが食べられるのであれば、食べ方も気になります。

ヘチマの内容成分は95%の水分で、低カロリーで栄養成分が低い食べ物です。

ヘチマに含まれている栄養成分では、カリウム・サポニン・β‐カロテン・ビタミンC・葉酸・ビタミンK・食物繊維などが知られています。

カリウムはむくみ・高血圧改善に役立ちます。

サポニンはアンチエイジングをサポートします。

β‐カロテンやビタミンCには抗酸化作用があります。

葉酸は造血のビタミン・ビタミンKは止血のビタミンと言われています。

ヘチマに含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

腸内環境の改善や便秘改善に役立ちますね。

 

ヘチマは食べられる?

 

1mig

 

ヘチマは食べられる?と疑問の人も多いようです。

お風呂で「たわし」として使っていることから考えると、とても食べ物になるとは考えられませんね。

ヘチマは食べられます。

若い果実は食用繊維が未発達で食べると独特の風味があります。

ヘチマの固い皮を剥いて加熱すると甘味のある液が出ます。

日本でヘチマを食用としている地域は、主に南西諸島と南九州になります。

沖縄では味噌味の蒸し煮料理の「ナーベラーンブシー」だけでなく、シチューやカレーなどの洋風料理にも用いられています。

南九州では煮物・焼き物・味噌汁の具になどで食べられています。

日本では、蒸し煮・シチュー・カレー・汁物・煮物・焼き物で食べられています。

台湾では小籠包の具として使われているようです。

 

ヘチマの食べ方・料理

 

ヘチマは食べられます。

日本でのへちまえを食べる地域は、南西諸島と南九州になります。

ヘチマの食べ方には、シチュー・カレー・煮物・焼き物・味噌汁の具などがあります。

沖縄では家庭料理の食材になっているヘチマの内容成分の95%は水分です。

ヘチマは低カロリーで栄養価が低いですが、暑い地方にはピッタリの食べ物です。

ヘチマを使った料理では、ヘチマのステーキ・ヘチマの天ぷら・ヘチマのカルパッチョ・ヘチマの味噌煮・ヘチマのラザニアなどが人気のようです。

 

 


PAGE TOP