固い生蛸(たこ)、冷凍タコを柔らかくする方法、煮る方法

Sponsored Link

冷凍タコを柔らかくする方法や、生たこを柔らかくする方法、そしてたこ(蛸)を柔らかく煮る方法を知っていれば、海の幸を美味しく楽しめます。

蛸(たこ)は手近で美味なタンパク質の供給源として世界中で食べられています。

ユダヤ教では蛸(たこ)は食べてはいけないとされる「鱗の無い魚」になっています。

イスラム教やキリスト教の一部の教派でも、蛸(たこ)を食べてはいけないとされています。

蛸(たこ)は日本の食生活に深く根付いています。

蛸(たこ)には多くの種類がありますが、日本では一般的に「タコ」と言えばマダコを指しますね。

日本人と蛸(たこ)の関係は古くて、池上・曽根遺跡などの大阪府下の弥生時代の遺跡から蛸壺形の土器が複数出土しています。

蛸(たこ)は加熱調理されて美味しく食べられています。

蛸(たこ)の食べ方には、寿司・煮だこ・酢蛸・酢味噌あえ・おでんの具材などがあります。

生でも刺身など美味しく食べられています。

蛸(たこ)は、たこ焼きやその原形とされる明石焼きの具材としても知られています。

瀬戸内海周辺地域には蛸飯の具材として人気があります。

低カロリーで、タンパク質・タウリン・亜鉛が豊富な蛸(たこ)料理を楽しみませんか。

夏場のものが特に美味で、関西地方では半夏に蛸(たこ)を食べる習慣があります。

 

次に、冷凍タコを柔らかく食べる方法・生たこを柔らかくする方法・蛸(たこ)を柔らかく煮る方法などの紹介をします。

 

冷凍タコを柔らかく

 

aaa

 

蛸(たこ)は冷凍保存では日持ちしないので冷凍保存がおススメです。

多すぎて食べきれないときにも冷凍保存すれば安心です。

冷凍保存すると甘みが落ちると言われますが、冷凍しても味が急速に落ちることはありません。

冷凍保存した蛸(たこ)は、使う4時間くらい前に冷蔵庫でゆっくり解凍します。

解凍するときに、塩水(1~2%)と蛸(たこ)をビニール袋に入れて蛸(たこ)を塩水に浸して冷蔵庫で解凍するのがポイントです。

次に、生たこを柔らかくする方法・蛸(たこ)を柔らかく煮る方法を紹介します。

 

生たこを柔らかく

 

imgrc0061974915

 

冷凍タコを柔らかく解凍するには、塩水に浸して冷蔵庫でゆっくり時間をかけて解凍することです。

生たこを柔らかくする方法では大根でたたく方法が面白いですね。

皮を剥いた大根で蛸(たこ)をたたくと柔らかくなります。

大根を使う理由は、大根に含まれている酵素が蛸(たこ)を柔らかくするからです。

蛸(たこ)のぬめりを取って、新鮮なうちに急速冷凍すれば、蛸(たこ)の繊維が切れて柔らかくできます。

次に、蛸(たこ)を柔らかく煮る方法を紹介します。

 

蛸(たこ)を柔らかく煮る

 

冷凍タコを柔らかく解凍するポイントは塩水とゆっくり解凍です。

生たこを柔らかくする方法では、皮を剥いた大根でたたくのが良いですね。

蛸(たこ)を柔らかく煮るには、大根と一緒に煮る方法があります。

大根の酵素が蛸(たこ)を柔らかくするようです。

蛸(たこ)を茹でるときに一緒に小豆を入れる方法もあります。

小豆を使う方法では、生ダコだけでなく固くなってしまった蛸にも有効です。

蛸(たこ)を茹でるときに炭酸水や重曹を入れればタンパク質を分解して柔らかくできます。

調味料も染み込みやすくなるので試してみませんか。


PAGE TOP