ししとうが辛い原因、割合、見分け方。ししとうの辛さを消す方法は?

Sponsored Link

獅子唐辛子(シシトウガラシ)はししとうと呼ばれています。

ししとう(獅子唐辛子)には辛いものと辛くないものがあります。

辛いししとう(獅子唐辛子)の割合は10分の1くらいです。

ししとう(獅子唐辛子)が辛いのはなぜでしょうか。

ししとう(獅子唐辛子)の辛さを消す調理法を知っていれば、ドキドキしないでししとうを使った料理を楽しめます。

ししとう(獅子唐辛子)はナス科のトウガラシの甘味種になります。

ししとう(獅子唐辛子)は植物学的にはピーマンと同種になります。

中南米原産のししとう(獅子唐辛子)は、ヨーロッパ人のアメリカ大陸発見後で南米からヨーロッパに伝わりました。

 

次に、ししとう(獅子唐辛子)が辛い割合・ししとう(獅子唐辛子)が辛いのはなぜ・ししとう(獅子唐辛子)の辛さを消す方法などの紹介をします。

 

ししとう(獅子唐辛子)

 

b93b8f9c7d36878282f1cd6a0e5cc76f_t

 

ししとう(獅子唐辛子)の辛い割合は10個の中に1個程です。

ししとう(獅子唐辛子)にはビタミン類やミネラル類が含まれています。

カリウム(380mg)、ビタミン類は、β‐カロテン・ビタミンB6・ビタミンCなどになります。

ミネラル分のカリウムには、血圧の上昇を抑える作用があります。

ししとう(獅子唐辛子)の栄養成分で期待される働きは、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞・動脈硬化・冷え症・風邪・がんなどの予防や改善などです。

ビタミンC豊富なししとう(獅子唐辛子)を食べて、免疫力アップ・風邪予防・美肌効果に役立てませんか。

ビタミンB6はエルギー代謝に関係しています。

β‐カロテンは抗酸化作用がある成分です。

β―カロテンは油で炒めると効率よく摂取できます。

次に、ししとう(獅子唐辛子)が辛いのはなぜ?・ししとう(獅子唐辛子)の辛さを消す方法などの紹介をします。

 

ししとうが辛いのはなぜ

 

shishitou

 

ししとう(獅子唐辛子)が辛い割合は10個に1個程度だと言われています。

ししとう(獅子唐辛子)が辛いのはなぜでしょう。

ししとう(獅子唐辛子)に含まれているカプサイシンが辛い原因です。

カプサイシンはカプサシノイドと呼ばれる化合物のひとつになります。

ししとう(獅子唐辛子)の辛み成分として知られています。

カプサイシンは辛みの指標であるスコヴィル値の基準物質です。

次に、ししとうの辛さを消す方法を紹介します。

 

ししとうの辛さを消す

 

ししとう(獅子唐辛子)が辛い割合は10個に1個だとされています。

ししとう(獅子唐辛子)の辛さを消す方法は乳製品を利用する方法です。

ししとう(獅子唐辛子)が辛いのを水で消そうとしてもダメです。

ししとう(獅子唐辛子)に含まれているカプサイシンは脂溶性で水に溶けにくいので水では辛みを消せません。

ししとう(獅子唐辛子)の辛さを緩和するには、乳製品・ヨーグルト・牛乳・チーズ・マヨネーズなどをおススメします。


PAGE TOP