生栗の甘くする冷蔵保存。ためしてガッテンでも紹介された保存方法

Sponsored Link

生栗の美味しい保存方法を知っていれば、秋の旬の味覚を楽しめます。

生栗の保存方法は、NHKのバラエティー情報番組の「ためしてガッテン」でも紹介されていたようです。

栗を美味しく食べるには「ためして ガッテン」の方法を試してみるのも良さそうです。

栗はブナ科クリ属になります。

9~10月頃に実が成熟すると、自然にイガイガのある殻が割れます。

イガイガの殻の中には1~3個の堅い果実が入っています。

果実は「クリ」や「クリノミ」と呼ばれています。

栗の香りの主成分は、メチオナールとフラノンです。

メチオナールはサツマイモにふくまれる香りで、フラノンはイチゴやパイナップルに含まれている香りです。

栗は生食も可能ですが、ほんのりした甘さを生かして甘栗・栗飯・菓子などの材料に使われています。

栗を使ったケーキのモンブランは女性や子供たちに人気があります。

栗焼酎やお茶飲料に利用されたり、蜜源植物としても利用されています。

栗きんとんはお正月の定番の料理の一つです。

日本での栗の生産量は、茨城県・熊本県・愛媛県・岐阜県・埼玉県が多いようです。

 

次に、栗の栄養や効能・生栗の保存方法・生栗の保存と「ためしてガッテン」・栗を美味しく食べるには「ためして ガッテン」方法の紹介をします。

 

栗の栄養や効能

 

62417891ea150909fa4e727d945b1aaa_t

 

秋の味覚で人気の、栗の栄養や効能を紹介します。

栗には、ビタミンC・ビタミンB1・タンニン・カリウムなどが豊富に含まれています。

栗に含まれているビタミンCはジャガイモと同じく加熱しても壊れにくいのが特徴です。

ビタミンCを美味しく摂取するなら栗の料理やお菓子をおススメします。

焼く・蒸すだけでも美味しく食べられます。

ビタミンB1は糖質やアミノ酸の代謝をサポートする成分です。

タンニンは渋皮に含まれています。

タンニンはポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。

タンニンは老化防止・ガン予防に効果があります。

カリウムにはナトリウムを排出する働きがあるので、高血圧予防に大切な成分です。

美味しい栗を食べて健康・美容に役立ててください。

次に、生栗の保存方法・生栗のおススメの保存方法「ためしてガッテン」・栗を美味しく「ためして ガッテン」方法の紹介をします。

 

生栗の保存方法

 

90722656

 

生栗の保存方法には、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

生栗は常温保存できますが、虫に食われる可能性が高くなります。

茹でた栗は常温保存はできません。

栗を常温保存する場合は、新聞紙に皮付きのまま包んで、直射日光が当たらない風通しの良い冷暗所で保存します。

栗の乾燥を防ぐには、水に浸けて冷暗所で保存する常温保存もあります。

水に浸けて保存するポイントは、毎日水を替えることです。

常温保存の目安は1週間です。

生栗のベストの保存方法は冷蔵保存です。

冷蔵保存することで糖度が増します。

冷蔵保存するときには、皮付きの栗を洗わないで1日程度天日干しして水分を抜きます。

天日干しした生栗を新聞紙に包んでからビニール袋に入れます。

ビニール袋に入れた生栗は冷蔵庫のチルド室で保存します。

チルド室が無い場合は、冷蔵庫の中で一番冷える場所で冷蔵保存します。

冷蔵中に新聞紙が湿ったら交換してください。

冷蔵保存の賞味期限は1~3ヶ月です。

生栗は0℃の環境に4~6週間程度置くと甘みが3倍ほどアップすると言われています。

冷蔵保存するときは生栗の状態です。

茹でたり焼いた栗を冷蔵保存しても甘みは増しません。

次に、「ためしてガッテン」の生栗保存方法を紹介します。

 

ためして ガッテンの生栗保存

 

NHK番組の「ためしてガッテン」の生栗の保存方法は冷蔵保存でした。

乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫のチルド室で冷蔵保存する生栗の保存方法です。

「ためしてガッテン」でも紹介されていたように、生栗を常温保存すると虫に食われる可能性が高いだけでなく、糖度が落ちてしまいます。

「ためして ガッテン」で紹介されていたように、生栗の保存方法では冷蔵保存が一番良さそうですね。


PAGE TOP