大根おろしは冷凍保存しても栄養、酵素は壊れない?解凍方法は?

Sponsored Link

大根おろし(だいこんおろし)は、大根の根部をおろし器ですりおろした美味しい食品です。

大根おろしは急速冷凍すれば栄養成分の減少を抑えられるようです。

大根おろし冷凍は消化酵素もキープできるのでしょうか。

大根おろし冷凍保存期間が分かれば、美味しい大根おろしの栄養を効率よく摂取できますね。

大根おろしは、和食の付け合せや薬味として使われることが多い食品です。

大根おろしの独特の辛みが魚料理等の臭みを中和する効果もあります。

子供の頃に、新鮮な大根おろしをご飯に乗せて食べた記憶があります。

大根おろしをご飯にのせてチョット醤油を垂らしてから食べると美味しいですね。

大根おろしをパック詰めした商品(冷凍)もあります。

大根おろしには消化を助けるは働きがあるアミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれています。

アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどの消化酵素は熱に弱い特徴があります。

アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどの消化酵素は、加熱をともなう調理法では有効に利用できません。

大根おろしとして生のまますりおろすことで消化を助ける効果を活用できます。

アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどの消化酵素を含む大根おろしは、天ぷら・油物・肉料理等の一般的に胃に負担のかかるとされる料理との相性がピッタリです。

 

次に、大根おろしの栄養・大根おろしは冷凍すれば栄養成分の減少を抑えられる・大根おろし冷凍すれば消化酵素はどうなる?・大根おろし冷凍保存期間などの紹介をします。

 

大根おろしの栄養

 

a0003650_2334572

 

大根おろしの注目の栄養成分は、ビタミンA・ビタミンC・食物繊維(リグニン)・ジアスターゼ(アミラーゼ)・プロテアーゼ・リパーゼ・フラボノイドなどです。

アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどの消化酵素と食物繊維(リグニン)が胃と腸の働きを改善します。

昔から期待されていた効果には、消化不良・胃酸過多・二日酔い・せき・打ち身・頭痛・発熱・のぼせ・歯ぐきの出血・ニキビ・冷え性・がん・動脈硬化・胃潰瘍・胃炎・便秘の改善があります。

次に、大根おろしは冷凍すれば栄養成分の減少を抑えられる・大根おろし冷凍すれば消化酵素はどうなる?・大根おろし冷凍保存期間などの紹介をします。

 

冷凍保存した大根おろし

 

9462

 

大根おろしをスグに冷凍保存すれば、おろしたて時の栄養成分を壊さないで保つことができるようです。

大根おろし冷凍の場合は酵素の摂取は期待できないようです。 

大根おろしは、“すりおろして”からスグに冷凍保存が出来れば、おろしたての時の栄養素を壊さないでキープできます。

この場合の冷凍保存は急速冷凍した場合で、一般家庭の冷凍庫では、大根おろしが完全に冷凍するまで時間がかかります。

大根おろしの栄養成分は冷凍するまでの時間経過とともに栄養素は逃げてしまいます。

栄養保存をするためには、急速冷凍によって冷凍までの時間を出来るだけ短くする必要があります。

冷凍庫の温度も栄養素に大きな影響を与えてしまいます。

アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどの消化酵素は、温度変化にデリケートです。

厳しい温度管理を行わないとスグに消化酵素が壊れてしまいます。

一般家庭の冷凍保存では消化酵素のキープは期待できません。

大根おろしから消化酵素を摂取したい場合は、“おろしたて”の大根おろしに限られるようです。

次に、大根おろし冷凍保存期間の紹介をします。

 

大根おろし冷凍保存期間

 

大根おろしをすりおろしてスグに急速冷凍保存すれば栄養成分をキープできます。

大根おろし冷凍では消化酵素は期待できません。

大根おろし冷凍保存期間は1ヶ月程度になります。

季節や温度で冷凍保存状況も変わります。

通常であれば、冷凍保存していても1週間~2週間以内に食べることをおススメします。

冷凍保存していても、色の変色や味がおかしくなっている場合は食べない方が良いですね。

冷蔵保存では3日程度で黄色っぽく変色して食べられなくなります。

冷凍した大根おろしを解凍する時、自然解凍になります。


PAGE TOP