ボジョレーヌーボーを寝かせると美味しくなる?賞味期限はいつまで?

Sponsored Link

ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯・ボジョレーで生産されるヌヴォー(プリムールまたは試飲新酒)仕様の赤ワインになります。

ボジョレーの通常の赤ワインとは異なります。

ヌーボーは、ヌヴォー・ヌーヴォー・ヌーヴォ・ヌヴォ・ヌーボなどとも表記されています。

試飲酒なので、通常のワインが出来上がるより早く試飲できなければ意味がありません。

そのため、ヌーボー(試飲新酒)用のボジョレーは、ブドウを収穫したら速やかに醸造してボトルへ詰め、収穫したその年の11月に出荷を済ませます。

ボジョレ―ヌーボーはヌーボー(試飲新酒)仕様なので、軽い仕上がりの赤ワインになります。

ボジョレーヌーボーは、毎年11月第3木曜日に解禁されます。

昔は、その年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としていたので、ワイン業者が主な顧客でした。

解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立したことでボジョレーヌーボーとして広まり定着しました。

フランスでも日本と同じ目的で一般の消費者向けにボジョレーヌーボーが売られています。

ボジョレーヌーボーに賞味期限はあるのか、いつまで飲めるのか気になる人も多いようです。

普通のワインのように、ボジョレーヌーボーも寝かせると美味しくなるのでしょうか。

ボジョレーヌーボーを買って1年前のものは飲めるのかも気になりますね。

 

次に、ボジョレーワインのこと・ボジョレーヌーボーはいつまで飲める?ボジョレー ヌーボーを寝かせると美味しくなる?ボジョレーヌーボーを買って1年前のものは飲める?などの紹介をします。

 

ボジョレーワイン

 

beaujolaisnouveau-i2

 

「ボジョレー」と名乗ることのできるワインは決まっています。

赤ワインであれば「ガメ(ガメイ)種」で、白ワインであれば「シャルドネ種」を使用したものに限られます。

ボジョレーワインは、アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(原産地呼称統制・AOC)で定められています。

ボジョレーの白ワインは全体の生産量の1%しかありません。

次に、ボジョレーヌーボーはいつまで飲める?ボジョレー ヌーボーを寝かせると美味しくなる?ボジョレーヌーボーを買って1年前のものは飲める?などの紹介をします。

 

ボジョレーヌーボーはいつまで飲める?

 

drink_wine_Beaujolais_nouveau

 

ボジョレーヌーボーはいつまで飲めるのか気になる人も多いようです。

賞味期限があるのか、ボジョレーヌーボーは寝かせる方が良いのか気になりますね。

ボジョレーヌーボーは日本酒の「生酒」や「にごり酒」に例えられます。

日本酒の「生酒」や「にごり酒」は購入してスグに飲みますね。

ボジョレーヌーボーも出来立てのフレッシュさが魅力のワインになります。

美味しく飲むには購入してスグに味わいましょう。

次に、ボジョレーヌーボーの1年前は飲めるのか?紹介します。

 

ボジョレーヌーボーの1年前

 

ボジョレーヌーボーはいつまで飲めるのか気にしている人がいますが、フレッシュさが魅力のワインなので購入したらスグに飲んだ方が美味しいです。

ボジョレーヌーボーは、通常のワインのように寝かせるものではありません。

ボジョレーヌーボーを購入して1年前のものは本来のフレッシュさはありません。

ボジョレーヌーボーの飲み頃は、年末から翌年の春先までです。

1年前のボジョレーヌーボーでも保存状態が悪いと劣化していることもあります。

飲む前に確認した方が良いと思います。

保存状態が良ければ2年前でも3年前でも飲めます。

3年前のボジョレーヌーボーが店頭に並んでいることもあります。


PAGE TOP