マカロンの保存方法。常温、冷蔵、冷凍保存できる?

Sponsored Link

マカロンはフランス語表記で「macaron」になります。

フランスを代表するお菓子として人気があります。

マカロンの発祥地には諸説があります。

イタリア発祥説・フランスの修道院の考案説などです。

マカロンは「マコロン」や「マキャロン」とも呼ばれます。

マカロンは、卵白・砂糖・アーモンドを材料にしてオーブンで焼きあげた菓子になります。

マカロンの内容成分の半分以上は砂糖なので、スゴク甘いお菓子です。マカロンの形状は、直径数センチの半円形のお菓子を両方から合わせた形をしています。

 

次に、マカロンのバリエーション・マカロンの保存方法・常温、冷蔵、冷凍保存などの紹介をします。

 

マカロンのバリエーション

 

PAK75_yoridorimakaron20140304_TP_V

 

フランスの各地で、さまざまなマカロンが作られています。

フランスのマカロンで有名なのは、

・サン=テミリオンのマカロン・クラックレ(13世紀から作られている)・アミアンのマカロン・ダミアン (16世紀から作られている)・ナンシーのスール・マカロン(18世紀から作られている)などです。

最も古いマカロンは、791年から製造されているロワール地方のコルムリー修道院のお菓子だとされています。

古典的なマカロンの一つに、イタリアで「アマレッティ」と呼ばれるお菓子があります。

「アマレッティ」を柔らかくしたのが「バーチ・ディ・ダーマ」というお菓子になります。

パリ風マカロンは「バーチ・ディ・ダーマ」が発展したものだとされています。

次に、マカロンの保存方法の紹介をします。

 

マカロンの保存方法

 

104981831

 

マカロンの保存方法では、常温・冷蔵・冷凍の保存が考えられます。

マカロンは保存の効く菓子ではありません。

食品衛生法では定義されていませんが、マカロンの保存などの考えは生菓子に近いですね。

マカロンは、特に高温に弱いお菓子です。

マカロンは15℃以上の気温の環境での保存はおススメできません。

15℃以下の環境か冷蔵庫での冷蔵保存をおススメします。

冷蔵保存の賞味期限は3日程度です。

上手に冷蔵保存すれば5日程度は美味しく食べられそうです。

次に、マカロンの保存方法で、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存の仕方を紹介します。

 

マカロンの常温・冷蔵・冷凍保存

 

マカロンの保存方法には、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

マカロンは高温に弱く15℃以下での保存が求められるので、常温保存ができるのは気温が低い冬期になります。

気温が低い地方で、直射日光の当たらない風通しの良い冷暗所があれば常温保存ができます。

マカロンの保存方法では冷蔵庫での冷蔵保存がおススメです。

市販のマカロンを冷蔵保存期間は3~5日です。

手作りのマカロンの冷蔵保存期間は3日です。

マカロンは冷凍保存ができます。

マカロンの冷凍保存期間は1ヶ月程度になります。


PAGE TOP