ひまわりの種の食べ方、栄養価。賞味期限はある?食べ過ぎには注意

Sponsored Link

ひまわりの種は栄養成分が豊富なので健康と美容サポートにおススメです。

「ひまわり」の漢字表記は「向日葵」です。「ひまわり」はキク科の一年草になります。

「ひまわり」は、

・ニチリンソウ(日輪草)・ヒグルマ(日車)・ヒグルマソウ(日車草)

・ヒマワリソウ(日回り草)・ヒュウガアオイ(向日葵)

・サンフラワー(Sunflower)・ソレイユ(仏―Soleil)とも呼ばれます。

ひまわりの種は、食用や油糧とされています。

花は観賞に使われています。

「ひまわり」は夏の季語でもあります。

 

次に、ひまわりの種のこと・ひまわりの種の食べ方・ひまわりの種の栄養と効能・ひまわりの種の食べ過ぎなどの紹介をします。

 

ひまわりの種

 

PAK25_himawarinotane_TP_V

 

ひまわりの種は、絞って搾油されヒマワリ油として利用されています。

ひまわり油には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

生でも食べられますが、煎っても美味しく食べられます。

ひまわりの種にはリノール酸が含まれています。

リノール酸は加熱すると劣化しやすくなります。

ひまわりの種の効果的な食べ方は加熱しないでそのまま食べるのが良いですね。

ひまわりの種は香ばしく味にクセがない食品です。

サラダや和え物に使えば美味しく効果的に食べられます。

日本でもおやつで食べますが、中国や米国でもおやつとして好まれています。

乾燥したひまわりの種は、出血性下痢に用いられる生薬になります。

ハムスターや小鳥などのペットの餌にも利用されています。

次に、ひまわりの種の栄養と効能やひまわりの種の食べ過ぎなどの紹介をします。

 

ひまわりの種の栄養・効能

 

51noWdCGhPL__SX425_

 

ひまわりの種の食べ方では、加熱しないで食べる方法をおススメします。

次に、ひまわりの種の栄養成分と効能を紹介します。

ひまわりの種には、タンパク質・ビタミンE・ビタミンB2・葉酸・食物繊維・カルシウム・カリウム・リノール酸・トリプトファンなどが含まれています。

リノール酸には、コレステロール値の上昇の抑制・生活習慣病予防・動脈硬化予防に効果があります。

カリウムが体内の余分なナトリウム(塩分)を排出します。

カリウムは高血圧予防やむくみ対策にも効果があります。

ビタミンEの抗酸化作用はアンチエイジングに役立ちます。

葉酸には免疫力を高める働きがあります。

トリプトファンは、脳内神経伝達物質セロトニンを合成するのに役立ちます。

うつ病予防にも効果を発揮します。

栄養成分豊富なひまわりの種の効果・効能には、生活習慣病予防・高血圧予防・免疫力向上・動脈硬化予防・アンチエイジング・うつ病予防などがあります。

次に、ひまわりの種の食べ過ぎについて紹介します。

 

ひまわりの種の食べ過ぎ

 

ひまわりの種の食べ方では生のままをおススメします。

ひまわりの種には豊富な栄養成分が含まれています。

健康・美容への効果・効能が期待できます。

ひまわりの種の食べ過ぎには注意が必要です。

ひまわりの種は、1日に20粒程度を目安に食べてください。

ひまわりの種にはリノール酸やセレンが含まれています。

リノール酸やセレンは、過剰に摂取してしまうと体に悪影響を及ぼすことがあります。

リノール酸は過剰摂取するとアトピーや炎症を促進させます。

セレンも摂りすぎると吐き気や下痢、頭痛などを引き起こすことがあります。

体に悪影響を出さないように過剰摂取には十分注意してください。


PAGE TOP