菜の花とは何の花?菜の花と菜花(なばな)の違い

Sponsored Link

春になると黄色い可憐な花を咲かせる菜の花(なのはな)は栄養成分豊富な植物です。

菜花という植物もありますが、菜の花と菜花の違いが分かると子供に自慢できますね。

菜の花は、アブラナ科アブラナ属の花の総称だとされています。

菜の花はキャベツや小松菜などの、アブラナ科の野菜である花の総称になります。

ブロッコリーやかぶなどもアブラナ科です。

菜の花の別名には、アブラナ・セイヨウアブラナなどもあります。

菜の花の「菜」とは食用の意味になります。

菜の花とは食用の花の意味になります。

「菜の花」は花の蕾(つぼみ)や葉を食用にします。

菜の花(アブラナ)は、アブラナは菜種油の原料になります。

 

次に、菜の花の栄養成分・菜の花と菜花の違い・菜の花料理などの紹介をします。

 

菜の花の栄養成分

 

nanohana60

 

菜の花には、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維が含まれています。

ビタミン類ではビタミンCと葉酸が豊富に含まれています。

ビタミンCが多い菜の花はアンチエイジングにおススメの食材です。

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・ビタミンAなどのビタミン類も含まれています。

ミネラル類ではカルシウムや鉄分が豊富なようです。

菜の花には葉酸や鉄分が含まれているので、妊婦さんの栄養サポートに役立ちます。

亜鉛・カリウムも含まれています。

食物繊維も含まれているので腸内環境の改善に役立ちますね。

菜の花に含まれている辛み成分と苦み成分は、血栓や肥満を予防する効果が期待されています。

β―カロテンも豊富に含まれています。

β―カロテンには、抗がん作用・視力維持・粘膜や皮膚の健康維持・免疫の働きの改善などの働きがあります。

次に、菜の花と菜花の違いを紹介します。

 

菜の花と菜花の違い

 

pr00022

 

菜の花の栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維・β―カロテンなどです。

次に、菜の花と菜花の違いを紹介します。

菜の花はアブラナ科の花の総称です。

菜花は葉物野菜で4月中旬~下旬に花が咲きます。

菜花は菜の花の一種になります。

菜花という葉物野菜は、菜の花の仲間で食用に品種改良された葉物になります。

菜花には、在来種と西洋種があります。

在来種は、葉が柔らかく花茎と蕾と葉を利用します。

西洋種は、葉が厚く主に花茎と葉を利用します。

近年は、「コウタイサイ」などの中国野菜由来の新品種も登場しています。

 

菜の花の料理

 

菜の花に含まれているビタミン類・ミネラル類・食物繊維などの栄養成分を効率よく健康と美容に役立ててください。

菜の花に菜花は含まれるので大きな違いはありません。

春が旬の菜の花を美味しく食べるには茹で方が大切です。

茹で方は菜の花の太さによって違うので茹で過ぎに注意してください。

茹でた菜の花は水にさらしてはいけません。

茹でた菜の花はザルにとって手早く広げて冷まします。


PAGE TOP