辛い大根おろしを甘くする方法。辛さで栄養価はかわる?

Sponsored Link

辛い大根おろしを甘くする方法を知っていれば、大根おろしが辛いのが苦手な人は助かりますね。

大根には消化を助ける栄養成分が含まれているようです、美味しい大根料理を楽しみませんか。

大根はアブラナ科ダイコン属の野菜です。

大根は、昔から日本人に親しまれている野菜で、春の七草では「すずしろ」と呼ばれています。

大根には多くの種類があり、大きさや形も様々です。

一般に広く出回っている大根は「青首大根」と言われている種類になります。

大根は、煮物・サラダ・漬け物・大根おろしなどで美味しく食べられます。

甘味があるみずみずしい大根の旬は晩秋から冬になります。

青首大根の旬は11~2月頃になります。

三浦大根の旬は11月下旬~2月中旬頃になります。

桜島大根の旬は12~1月頃になります。

源助大根の旬は11~12月頃になります。

 

次に、大根の栄養成分・辛い大根おろしを甘くする方法・大根おろしの辛い成分の栄養・大根の選び方と保存方法などの紹介をします。

 

大根の栄養成分

 

daikon

 

根の部分は淡色野菜なので、根の白い部分の栄養成分は少ないですがジアスターゼと辛み成分が含まれています。

水分が多く低カロリーですが満腹感を得られるので、最適のダイエット食になります。

大根に含まれているジアスターゼは「でんぷん分解酵素」です。

「でんぷん分解酵素」のジアスターゼが大根には多く含まれています。

ジアスターゼには消化を助ける働きがあります。

胃酸過多・胃もたれや・胸やけなどの改善に効果があります。

大根の葉の部分は緑黄色野菜になります。

大根の葉には、β-カロテン・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類や、カリウム・カルシウムなどのミネラル類を多く含んでいます。

次に、辛い大根おろしを甘くする方法・大根おろしの辛い成分の栄養・大根の選び方と保存方法などの紹介をします。

 

辛い大根おろし

 

d無題

 

辛い大根おろしを甘くする方法を知っていると、大根おろしが辛いのが苦手な人は助かりますね。

大根の辛み成分はラファサチンという栄養成分です。

大根の辛味は、ラファサチンと呼ばれるイソチオシアネート成分の一種です。

大根をおろすことでグルコラファサチンが酵素と反応して分解されて生成されます。

大根の辛み成分には、発がん抑制作用・抗菌作用があるとされています。

大根は部位によって辛みや水分量が異なります。

葉元は水分が多くて甘味が強くなります。

先端部は水分が少なく辛みが強くなります。

辛い大根おろしを甘くする方法には、味の素をかける方法とレンジで加熱する方法があります。

辛い大根おろしに味の素を少しかけてみてください辛みがなくなります。

レンジで大根おろしを少し温めると辛みはなくなります。

 

大根の選び方と保存

 

辛い大根おろしを甘くする方法は味の素を使う方法とレンジで少し温める方法です。

大根おろしの辛い成分にも栄養があります。

美味しい大根の選び方は、硬さとハリがポイントです。

大根は色が白くて触った時に硬くハリがあり瑞々しいものが美味しいです。

葉が付いている時は、葉のハリと瑞々しさを確認してください。

葉が活き活きとしゃきっとしている大根は新鮮でおいしいです年賀状。

大根は持った時にズッシリと重い物を選んでください。

堆肥や土の状態が万全でない生育環境の大根は、二股三股になって変形します。

変形している大根は避けましょう。

大根は保存するポイントは、根の部分と葉を分けて保存することです。

大根は葉の部分から水分が失われていくので葉がついたまま保存すると美味しくなくなります。

葉の付け根近くから葉を切り落として別々に保存します。

根の部分を保存するときは、ラップでくるむか、濡れた新聞紙で包んでナイロン袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れます。


PAGE TOP