ホールスパイスとパウダースパイスの使い分け。細かくすれば代用可能?

Sponsored Link

ホールスパイスとパウダースパイスの使い分けを知っていますか。

ホールスパイストパウダースパイスを上手に使って、美味しい料理を作りませんか。

美味しい料理つくりには、ホールスパイスとパウダースパイスの違いと特徴を知ることが大切です。

スパイスの英語表記は「spice」です。

胡椒などの香辛料のことをスパイスと呼びます。

スパイス(香辛料)は、植物から採取される調味料の一種になります。

調理の際に、香り・辛味・色付け・消臭などの目的で使われます。

スパイスを料理に加えることで、味に変化が生まれて美味しく感じさせたり食欲を増進させるなどの効果が期待されます。

 

次に、ホールスパイスとパウダースパイスの違い・ホールスパイスとパウダースパイスの使い分け・ホールスパイスとパウダースパイスの代用は可能?などについて紹介します。

 

ホールスパイスとパウダースパイスの違い

 

074f20278a808947d7ab126e95fe4e8b_t

 

ホールスパイスとパウダースパイスの使い分けが分かるには、スパイスの違いを知ることが大切です。

ホールスパイスとパウダースパイスの違いを紹介します。

スパイスは料理の味の変化や美味しくするだけでなく、独特の臭みを持つ食材に対して臭み消しとして利用されています。

スパイスを臭み消しに使った例では、ひき肉に使うナツメグ・魚料理に使うショウガなどがあります。

臭みを消すことで食材の旨味が引き立ちます。

スパイスはフレッシュとドライに分けられます。

スパイスになる素材をそのまま乾燥させたものをホールスパイスと呼びます。

ホールスパイスは原型スパイスとも呼ばれます。

ホールスパイスを粉砕すればパウダースパイスになります。

パウダースパイスはグランドスパイスとも呼ばれます。

スーパーのスパイスの棚には、ホールスパイスもパウダースパイスも並んでいます。

次に、ホールスパイスとパウダースパイスの使い分けについて紹介します。

 

ホールスパイスとパウダースパイスの使い分け

 

1637cbb0de5d6430a13b850011e89dec_t

 

ホールスパイスとパウダースパイスの使い分けを知ることで、美味しい料理つくりが楽しくなります。

ホールスパイスはそのままでは精油部分が引き出しにくい特徴があります。

ホールスパイスの精油成分を引き出すには、折ったり傷つけたりします。

折る傷つけることでスパイスの香りを引きだせます。

パウダースパイスは、そのままでも香り立ちが良いのが特徴です。

パウダースパイスは色付けにも便利です。

パウダースパイスは簡単に使えますが、香りの持続力は弱いデメリットがあります。

パウダースパイスは香りが逃げやすいので、保管時は際密閉容器に入れます。

パウダースパイスは、冷暗所に保管し使用の際も蓋の開け閉めも素早く行うことが大切です。

パウダースパイスは、日数の経過とともに香りが弱くなってくるので早めに使ってください。

次に、ホールスパイスとパウダースパイスの代用は可能?について紹介します。

 

ホールスパイスとパウダースパイスの代用は可能?

 

ホールスパイスの香りを引き出すには、折ったり傷つける必要があります。

パウダースパイスは使うのには便利ですが、日数の経過とともに香りが弱くなるので注意してください。

ホールスパイスとパウダースパイスの使い分けを知ることで、美味しい料理つくりを楽しめます。

ホールスパイスを細かくすればパウダースパイスの代用は可能でしょうか。

理想的なスパイスの使い方は、ホールで購入して使う時に用途に合わせて、すり潰す・砕く・挽くなどすることです。

料理に合わせて、すり潰す・砕く・挽けば新鮮な香りを立たせた料理を楽しめます。

只、料理の手間を考えると手軽に使えるパウダースパイスを上手に使った方が良さそうです。

毎日の忙しい生活での料理つくりでは、ホールスパイスとパウダースパイスを上手に使い分けしましょう。

ホールスパイスは長時間加熱する煮込み料理におススメします。

パウダースパイスは細かい粒子なので食材に混ぜやすく分量も調整しやすいですね。

炒め料理・煮込み料理・焼き料理の仕上げや下ごしらえにおススメです。


PAGE TOP