落花生、ピーナッツ、南京豆の違い、見分け方。食べ方も違う?

Sponsored Link

南京豆とピーナッツと落花生にはどのような違いがあるのでしょうか。

南京豆とピーナッツと落花生の違いを正しく説明できれば、子供から聞かれた時にも安心です。

南京豆とピーナッツと落花生の違いを調べてみました。

 

次に、南京豆とピーナッツと落花生の違い・南京豆とピーナッツと落花生の見た目と食べ方・ピーナッツアレルギーについて紹介します。

 

南京豆・ピーナッツ・落花生の違い

 

peanut01_b_01

 

落花生の読みは「ラッカセイ」です。

落花生はマメ科ラッカセイ属の植物になります。

落花生の種子は美味しいですね。

落花生の種子は、「南京豆」や「ピーナッツ」や「落花生」と呼ばれています。

南京豆とピーナッツと落花生は同じ植物のマメ科ラッカセイ属になります。

南京豆の言葉の由来は、中国から渡来したことを表しています。

南京豆は江戸時代に中国から伝わったとされています。

只、現在栽培されている落花生(ラッカセイ)は明治時代に入った品種です。

現在食べている落花生は江戸時代に伝わった品種とは違います。

ピーナッツの英語表記は「peanuts」になります。

「pea」は豆を意味しています。

「nuts」は「木の実」を意味しています。

ピーナッツとの語源は“木の実のような豆“からだとされています。

落花生は、受粉してから花が下を向いてから地中に潜り込んで地中で実をつけることから名づけられたと言われています。

落花生の別称には「地豆」もあります。

落花生の沖縄の方言には「ジ―マーミ」があるそうです。

次に、南京豆とピーナッツと落花生の食べ方・ピーナッツアレルギーの紹介をします。

 

南京豆 ピーナッツ 落花生の食べ方

 

TC0I9A2770_TP_V

 

南京豆とピーナッツと落花生の見た目と食べ方を紹介します。

南京豆は古い呼び方なので現在ではあまり使われない言葉になっています。

南京豆は殻だけが取り除かれて茶色の皮が残ったままの実を指すことが多いようです。

南京豆を食べる時には茶色の薄い皮を取って食べます。

ピーナッツは「豆」を表す名前なので、殻と茶色の皮が取り除かれた実を指すことが多いようです。

味付けされたものもピーナッツと呼ばれています。

落花生は植物名として表す時や、殻がついたままの実を表す時に使われています。

落花生を食べる時には、殻と茶色の皮を指で剥いてから食べます。

次に、ピーナッツアレルギーの紹介をします。

 

ピーナッツアレルギー

 

南京豆やピーナッツは落花生のことです。

・南京豆は薄い茶色の皮がついている

・ピーナッツは殻も茶色の皮も取り除かれている

・落花生には殻が付いているなどと覚えれば良いのではないでしょうか。

食物アレルギーにピーナッツアレルギーがあります。

ピーナッツはアナフィラキシーショックを起こす代表的な食物だとされています。

少しの量でもアレルギー反応して、全身じんましん・呼吸器症状・アナフィラキシーショックを含む重いアレルギー症状になることがあります。

ピーナッツだけでなく、ピーナッツオイルを含むあらゆる食品がアレルギー反応の原因となるので注意が必要です。


PAGE TOP