バウムクーヘンの日の由来とイベント。バウムクーヘンの意味は?

Sponsored Link

バウムクーヘンは美味しいですね。

美味しい洋菓子の中でもバウムクーヘンのファンは多いようです。

日本人にとっては大正・昭和初期から知られているドイツのお菓子です。

ドイツを象徴するケーキのひとつとされて人気があります。

バウムクーヘンの名前の意味を知っていますか。

バウムクーヘンの日があるそうです。

バウムクーヘンの日の由来やイベントなども気になりますね。

バウムクーヘンはドイツのケーキです。

バウムクーヘンのドイツ語表記は「Baumkuchen」です。

「バームクーヘン」と表記されることもありますが、「バウムクーヘン」と表記するほうがドイツ語の発音に近いとされています。

 

次に、バウムクーヘンのこと・バウムクーヘンのバリエーション・バウムクーヘンの名前の意味・バウムクーヘンの日・バウムクーヘンの日のイベントなどの紹介をします。

 

バウムクーヘン

 

free-illustration-sweets-baumkuchen

 

バウムクーヘンは子供から大人まで大好きなドイツのケーキです。

ドイツの有名なケーキのバウムクーヘンの形は、ドーナツのように中心に穴が開いて年輪のような模様があります。

ドーナツ状の穴が中心に開いたバウムクーヘンの断面には、樹木の年輪のような同心円状の模様があります。

日本では年輪のような形状から贈答品として人気があります。

目出度い贈答品のひとつとして慶事の贈り物や結婚式や祝い事の引き出物として使われることが多いようです。

日本では人気のあるドイツのお菓子ですが、ドイツでは珍しい種類の菓子で日本ほど一般的ではありません。

バウムクーヘンは伝統的な作成方法が非常に特殊であること、専門装置や技能を要することから一般的な菓子店では扱っていません。

バウムクーヘン専門店以外では見つけるのが難しいお菓子です。

バウムクーヘンの精密な年輪の形状は、職人の技術の高さを象徴するものとされています。

次に、バウムクーヘンの意味とバリエーション・バウムクーヘンの日・バウムクーヘンの日のイベントなどの紹介をします。

 

バウムクーヘンの意味とバリエーション

 

img_main

 

バウムクーヘンの意味とバリエーションを紹介します。

バウムクーヘンは“木ケーキ”という意味になります。

バームが「木」でクーヘンが「ケーキ」を意味しているようです。

バウムクーヘンの原型は紀元前まで遡ります。

ギリシアのオベリアスという木の棒にパン生地を巻きつけて焼いたものがバウムクーヘンの原型だと考えられています。

バウムクーヘンの発祥にはいくつかの説があります。

中世ポーランドを基にする説・「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」を基にした説などです。

日本に伝えたのはドイツ人のカール・ユーハイムです。

大正8年(1919年)3月4日に広島物産陳列館で開催された、ドイツ作品展示即売会で販売されたのが最初だとされています。

カールは第一次大戦後日本で菓子店を開きました。

開店当時は、ピラミッドケーキという名前で販売されていたようです。

1960年代からバウムクーヘンという名で知られるようになりました。

欧州各国にバウムクーヘンのバリエーションがあります。

オーストリアでは、「プリューゲルクラプフェン」の名で知られています。

ルクセンブルクでは「バームクーフ」と呼ばれています。

スウェーデンでは、「スペッテカカ」の名で知られています。

チェコ、スロバキアでは「トゥルデルニーク」の名で知られています。

ハンガリーでは「クルトシュ」の名のケーキになるようです。

ポーランドやリトアニアでは「シャコティス」の名で知られているようです。

次に、バウムクーヘンの日・バウムクーヘンの日のイベントなどの紹介をします。

 

バウムクーヘン 日

 

バウムクーヘンの名前の意味は「木ケーキ」です。

「バウムクーヘンの日」は、1919年3月4日に広島物産陳列館開催のドイツ作品展示即売会を記念して決められています。

毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」と決められています。

2019年は日本初のバウムクーヘンが焼かれて100年目の節目の年になります。

2019年の「バウムクーヘンの日」は盛り上がることが期待されています。

バウムクーヘンで有名な「ユーハイム」では、毎年3月4日の「バウムクーヘンの日」には限定商品を販売しています。

100年目の節目の年の2019年3月4日の「バウムクーヘンの日」には、「ユーハイム」の限定商品は期待できそうです。

2016年から「そごう神戸店」と「そごう広島店」では「バウムクーヘン博覧会」が開催されています。

2019年の「バウムクーヘン博覧会」も期待できそうですね。


PAGE TOP