プラム、ソルダム、すもも、ネクタリンの旬の時期と違い。甘さは?

Sponsored Link

プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの違いが分かりますか。

プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの甘さ比べをしてみたいですね。

プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンのことを知っていれば、旬を美味しく食べられます。

お菓子や料理に使って、美容と健康に役立てませんか。

 

次に、プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの違いや、プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの甘さの違いなどの紹介をします。

 

プラム・すもも

 

be91c8fcdd12791716235620733ca6bb_t

 

プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの違いを分かるために「プラム」や「すもも」の概要を紹介します。

和名の「すもも」を英語表記すると「plum(プラム)」になります。

呼び方が違うだけで「プラム」も「すもも」も同じ果物です。

「西洋すもも」と呼ばれる果物が、日本でもおなじみプラムのことです。

日本では「すもも」を食べるのは生食が主ですが、欧米ではplum(プラム)を、コンポート・マーマレード・ジャム・乾果などに利用しています。

「すもも」を漢字表記すれば「李」や「酢桃」になります。

プラム(すもも)は、バラ科サクラ属の落葉小高木の果実です。

プラム(すもも)の果実は桃(もも)に比べて酸味が強いので、和名の「すもも(李)」の由来になっているようです。

すもも(李)のことを欧米では、「Asian plum」・「Japanese plum」と呼ぶこともあります。 

次に、「すもも」・「ネクタリン」の概要や、プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの甘さの違いなどの紹介をします。

 

ソルダム・ネクタリン

 

food-2279_960_720

 

プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの違いを分かるために「ソルダム」や「ネクタリン」の概要を紹介します。

ソルダムはプラム(すもも)とともに、スーパーの果物コーナーや八百屋さんに並んでいます。

「プラム(すもも)」と「ソルダム」の違いがよく分からないという人も多いようです。

ソルダムはプラムの品種の中の一つになります。

プラムは西洋すももと呼ばれることもあります。

すもも(李)には300種類以上の品種があると言われています。

「ソルダム」は「スイカモモ」とも呼ばれることも多く、「スイカモモ」の正式名称が「ソルダム」になります。

ソルダムの特徴は、果皮が緑で果肉が濃赤色なことです。

ソルダムの果重は80~100gと大きめです。

日持ちがよく、甘みと酸味が調和した品種なので人気があります。

ネクタリンもバラ科で、桃の変種です。

ネクタリンの和名は「ズバイモモ」です。

ネクタリンの別名には「ツバキモモ(椿桃)」・「ヒカリモモ(光桃)」・「アブラモモ(油桃)」などもあります。

ネクタリンの果皮は紅赤色で桃のような毛がありません。

果皮の地色は品種により白色と黄色があります。

果実は桃よりも小さく、果肉は赤紅色~黄色や白色です。

果肉の肉質は締まっていて強い甘みと適度な酸味があります。

次に、プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの甘さの違いなどの紹介をします。

 

プラム・ソルダムなどの甘さ

 

プラム・ソルダム・すもも・ネクタリンの違いを知っていれば、お好みで美味しさを楽しめそうです。

プラムとソルダムとネクタリンの甘さと酸っぱさを食べ比べてみませんか。

プラムとソルダムよりもネクタリンのほうが甘みを感じるようです。


PAGE TOP