トリュフの栄養価、旬の時期、食べ方。白、黒トリュフの違い

Sponsored Link

トリュフを食べたことがありますか。

トリュフは、フランスやイタリアで料理に使われていることで有名な食材です。

日本では「西洋松露(しょうろ)」・「フランス松露」・「トラッフル」などと呼ばれこともあります。

子嚢菌(しのうきん)門セイヨウショウロ科属の茸(きのこ)です。

トリュフの原産地は、フランス・イタリアになります。

嗅覚に優れているブタ・イヌを利用して探すことで知られている茸(きのこ)です。

独特の芳香がある高級食材としても重宝されています。

世界三大珍味の一つといわれるほど人気があります。

トリュフが良い香りを保てるのは3~4日程度だとされています。

日本にもトリュフに近い種類の茸(きのこ)15種類程度あると言われています。

日本にはトリュフの天然物はなく、岩手県や山口県などで人工栽培されているようです。

 

次に、トリュフの栄養成分・トリュフの旬・トリュフの白と黒の違いなどの紹介をします。

 

トリュフの栄養成分

 

01

 

トリュフに含まれている栄養成分は、食物繊維・ビタミンD・シアスターゼなどです。

食物繊維には、腸内環境を整える働きがあります。

便秘改善・肥満予防・糖尿病の改善に役立ちます。

食物繊維には、体内の不要なものも排出するのでデトックス効果が期待できます。

ビタミンDには、カルシウムの吸収を助けて骨を強くする働きがあります。

ビタミンDには、腸のカルシウム吸収をサポートしたり血中のカルシウム濃度をアップさせる働きがあります。

胃腸の働きをよくして消化に役立つシアスターゼは、消化酵素の一種になります。

市販の胃腸薬にもジアスターゼが含まれているものがあります。

ジアスターゼは、胃腸の働きを整える働きをします。

次に、トリュフの旬・トリュフの白と黒の違いなどの紹介をします。

 

トリュフの旬

 

truffle-203031_960_720

 

トリュフの栄養成分には、食物繊維・ビタミンD・シアスターゼなどがあります。

キャビア・フォアグラ共に世界三大珍味として人気のトリュフは、一生を地中で過ごします。

世界三大珍味として人気のトリュフには白トリュフと黒トリュフがあります。

白トリュフと黒トリュフの旬少し違います。

白トリュフの旬は、9月中旬~12月中旬頃になります。

黒トリュフの旬は、6月~11月に旬を迎えるサマートリュフと、11月~3月のウィンタートリュフの2回に分かれています。

次に、トリュフの白と黒の違いを紹介します。

 

白トリュフと黒トリュフの違い

 

トリュフには生活習慣病を予防する栄養成分が含まれています。

トリュフの旬の時期に美味しい世界三大珍味を食べてみませんか。

次に、トリュフの白と黒の違いを紹介します。

黒トリュフと白トリュフは旬も違いますが使い方も異なります。

黒トリュフよりも白トリュフのほうが高価になります。

一般的に、白トリュフは黒トリュフの3~5倍の価格になります。

大きなものだと1個10万円もすると言われています。

白トリュフのほうが黒トリュフよりも香りが強く「香りを嗅ぐための食材」です。

黒トリュフは白トリュフよりも穏やかな香りになります。

白トリュフは生で食べられることが多く、黒トリュフは加熱して食べることが多くなります。

白トリュフは、卵料理・パスタ・サラダに削ったものをそのまま使います。

黒トリュフは、ソテーにしてステーキに添えたり、肉・フォアグラ・パテに挟んで食べます。


PAGE TOP