コーンフレークとシリアルの違い。栄養価、原材料、カロリーも違う?

Sponsored Link

朝食にコーンフレークやシリアルを利用している人も多いのではないでしょうか。

美味しくて簡単に食べられるので、忙しい朝の食事には最適です。

コーンフレークは、ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ博士によって発明された食品です。

1894年にアメリカ合衆国で発明されたあと、健康食品として販売されるようになりました。

コーフレークは代表的なシリアル食品のひとつとして知られています。

 

次に、コーンフレークとシリアルの違い・ダイエットとシリアルについて紹介します。

 

コーンフレーク

 

serial_cornflake

 

コーンフレークとシリアルの違いを分かるために「コーンフレーク」の概要を紹介します。

コーンフレークの英語表記は「corn flakes」になります。

コーンフレークは、水で練ったコーンミールを加熱してから圧搾して、小さな薄い破片に成型したシリアル食品です。

コーンフレークが便利なのは、コーフレークが入っている袋から直接、皿などの食器に盛って、牛乳や豆乳をかけて短時間で食べられるのことです。

簡単にスグに食べることができるので、朝食用に利用されています。

コーンフレークの多くは、砂糖・麦芽シロップ・異性化糖などで甘く味付けされています。

コーンフレークの一般的な食べ方は、牛乳や豆乳をかけたスタイルですが、ケーキ・パフェ・菓子類の副材料として利用されることもあります。

チョコレートをコーンフレークにコーティングした、チョコフレークという子供に人気のお菓子もあります。

次に、コーンフレークとシリアルの違いとシリアルのことを紹介します。

 

シリアル

 

c16321d2a1d43db94dc9c3803346c560_t

 

コーンフレークとシリアルの違いを分かるために「シリアル」の概要を紹介します。

シリアルの英語表記は「cereal」になります。

シリアルは、穀物を加工した食品の総称になります。

シリアルは、トウモロコシ・麦・米、などから作られています。

シリアルを食べるのは主に朝食です。

牛乳をかけてそのまま食べても美味しいシリアルですが、加熱調理するタイプのシリアルもあります。

エンバクを精白して加工したオートミール・トウモロコシを挽いたコーングリッツなどです。

シリアルの形状には、フレーク状の他にもあります。

・加熱して膨らませたパフ状・クッキー状・穀物の形を残しながら加圧・焙煎で仕上げたものなどです。

シリアル食品には、

・数種類のシリアルを混ぜ合わせたもの

・ココアやハチミツで味付けしたもの

・ドライフルーツやナッツをブレンドしたもの

・シリアルバーなど棒状に成形したもの、などもあります。

最近では、栄養バランスにポイントをおいてブレンドしたタイプ、目的ごとに栄養成分を強化したものなどが注目されているようです。

シリアルのバリエーションは豊富なので、朝食にしても飽きません。

 

ダイエットとシリアル

 

コーフレークとシリアルの大きな違いはありません。

コーフレークもシリアル食品のひとつです。

シリアルを使ったダイエット方法に「シリアルダイエット」があります。

「シリアルダイエット」とは、朝食をシリアルやコーンフレークに置き換えるだけの簡単なダイエット法です。

栄養素をキチンと摂りながら手軽で健康的にダイエットできる「シリアルダイエット」が話題になっています。


PAGE TOP