ヤンニンジャンの使い方、コチュジャンとの違い。代用はできる?

Sponsored Link

ヤンニンジャンを漢字表記すると「薬念醤」になります。

薬念醤(ヤンニンジャン) は、唐辛子や香辛料などを使用した韓国で使われている調味料です。

香味豊かな料理の引き立て調味料として人気があります。

コチュジャンは、もち米麹・唐辛子の粉などを主材料にした発酵食品になります。

コチュジャンは、朝鮮半島でよく使われている調味料です。

薬念醤(ヤンニンジャン)の代用の方法や、コチュジャンの代用の方法を知っていれば役立ちそうです。

薬念醤(ヤンニンジャン)とコチュジャンの違いも知りたいですね。

 

次に、薬念醤(ヤンニンジャン)のこと・コチュジャンのこと・ヤンニンジャンの代用・ココチュジャンの代用・ヤンニンジャンとコチュジャンの違いなどの紹介をします。

 

薬念醤(ヤンニンジャン)とコチュジャン

 

imgrc0082914846

 

薬念醤(ヤンニンジャン)の代用やコチュジャンの代用を知るためには、ヤンニンジャンやコチュジャンのことを知ることが大切です。

薬念醤(ヤンニンジャン)は韓国料理に使われている調味料です。

トウガラシや香辛料などを材料にした、香味豊かな料理の引き立て役の調味料として重宝されています。

韓国語で「ヤンニン(ヤンニョン)」とは薬念という意味になるようです。

「ジャン」は味噌の意味になります。

薬念醤(ヤンニンジャン)は、薬味を感じる辛みの中に甘味がある感じです。

コチジャンは、日本では味噌の一種として使われています。

日本では、唐辛子味噌とも呼ばれることがあります。

コチュジャンは、唐辛子による赤みを帯びた色で甘辛い味が特徴です。

コチュジャンは、朝鮮料理には欠かせない調味料として重宝されています。

次に、薬念醤(ヤンニンジャン)の代用・コチュジャンの代用・薬念醤(ヤンニンジャン)とコチュジャンの違いなどの紹介をします。

 

ヤンニンジャンとコチュジャンの代用

 

7c477d977041c0fab3f4493c1e4cf589_t

 

薬念醤(ヤンニンジャン)とコチュジャンを調味料として使っていると、料理を作っているときに足らなくなることがあります。

薬念醤(ヤンニンジャン)の代用品やコチュジャンの代用品を知っていると役立ちますね。

薬念醤(ヤンニンジャン)やコチュジャンの代用には、豆板醤(トウバンジャン)やテンメンジャンを使うようです。

薬念醤(ヤンニンジャン)は韓国の調味料で、焼肉のツケダレ・肉のモミダレ・炒め物・和え物・煮物・麺料理などの味付けに使われています。

コチュジャンは朝鮮半島で使われている発酵食品で、日本では醤油のような存在になります。

薬念醤(ヤンニンジャン)はコチュジャンよりも辛い調味料なので、コチュジャンで代用するのは難しそうです。

薬念醤(ヤンニンジャン)は、トウガラシの辛みと薬味の旨味が味わえる調味料なので代用品を探すよりも自分で作った方が確かだと考えられます。

薬念醤(ヤンニンジャン)は韓国では手作りしている家庭でもおなじみの調味料です。

薬念醤(ヤンニンジャン)の材料は、

・醤油-大さじ3・酢-大さじ1・ごま油―小さじ1~2

・長ネギ―1本弱(みじん切り)・ニンニク―1~2片(みじん切り)

・生姜―小さじ1(すりおろし)・白ごま―大さじ1・一味唐辛子―小さじ1

・コチュジャン―大さじ1になります。

以上の材料を混ぜて、冷蔵庫で1時間程度寝かせれば完成です。

コチュジャンの代用には、トウバンジャンとテンメンジャンを同量混ぜると近い味わいになるようです。

次に、薬念醤(ヤンニンジャン)とコチュジャンの違いをまとめます。

 

ヤンニンジャンとコチュジャンの違い

 

薬念醤(ヤンニンジャン)は、韓国では手作りしている家庭でもおなじみのトウガラシの辛みと薬味の旨味が味わえる調味料です。

コチュジャンの原材料は、米味噌・水あめ・麦芽エキス・米麹調味料・トウガラシ・砂糖・食塩・酵母エキス、などです。

朝鮮料理では、薬念醤(ヤンニンジャン)は香味豊かな料理に使われて、コチュジャンは味噌風の辛い調味料として料理に使われています。

薬念醤(ヤンニンジャン)はコチュジャンに比べて辛みが非常に強いので、甘味が多いコチュジャンとは使い方も味付けも違ってきます。

麻婆豆腐などは、薬念醤(ヤンニンジャン)とコチュジャンを合わせて使うと美味しく仕上がるといわれています。


PAGE TOP