カレーの保存方法 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

カレーの上手な保存方法を知っていれば熟した美味しい料理を楽しめます。

カレーはカリーとも呼ばれる美味しい料理です。

多種類の香辛料を使って食材を味付けする調理法のインド料理や、それを元にしたヨーロッパ系料理や東南アジアなどの料理になります。

日本には明治時代にイギリス料理として伝わりました。

イギリスから伝わった料理を元に改良された日本の料理の代表になります。

国民食と呼ばれるカレーライスはライスカレーとも呼ばれることがあります。

ヨーロッパ・北米・中南米・アフリカ・オセアニアなどの世界中にカレー文化があります。

イギリスから伝わった調理方法が、日本では味覚に合わせて地域や家庭や料理店でアレンジされた美味しいカレーがあります。

基本はイギリスから伝わった調理方法をアレンジして小麦粉を加えたとろみのあるカレーを、ライスの上にかけて食べるスタイルになっています。

カレーライス&ライスカレーは国民食と言われるほど普及しています。

最近ではカレースープも人気があります。

カレースープは、スープ状のカレーやカレー味のスープになります。

インドやタイのカレーはスープ状の料理が基本スタイルです。

 

次に、カレーの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

 

カレー

 

be6392726a0ca376c6242b207fc9e7e6

 

日本の家庭料理では、玉ねぎ・ジャガイモ・ニンジン・肉を炒めてから固形のカレーの素で味付けするスタイルが多くなっています。

日本独自のカレー料理(食品)は多くあります。

・カレー味の汁をかけた“うどん”や“そば”などのカレー南蛮などの麺類

・ドライカレー・カレーまんじゅう・カレーパン・カレーコロッケなどが人気あります。

カレー味のスナック菓子は子供だけでなく大人にも人気があります。

 

カレーの常温保存・冷蔵保存

 

gatag-00004762

 

カレーの保存方法には常温保存や冷蔵保存があります。

夏季や気温が高い秋季や春季でのカレーの常温保存は雑菌が発生するのでおススメできません。

常温保存は数時間ごとに火を通す必要があります。

冬季であれば1日程度は賞味期限を延ばせますが必ず火を通してから食べましょう。

冬季でも温かい室内では常温保存に向きません、冷蔵保存をおススメします。

冷蔵保存でも2日程度なので長期保存を希望するのであれば冷凍保存をおススメします。

 

カレーの冷凍保存

 

カレーの保存方法では冷凍保存をおススメします。

冷凍保存での注意点はジャガイモやニンジンがスカスカになることです。

具材がスカスカになったカレーは美味しくありません。

冷凍保存を考えた場合はジャガイモやニンジン抜きでカラーを作って冷凍保存することをおススメします。

タッパーやフリーザーパックで冷凍すればレトルトカレーのように使用して食べられます。

取り除いているジャガイモやニンジンを食べるときに加えて加熱して食べれば美味しいです。

冷凍保存したカレーの賞味期限は約1ヶ月です。

 


PAGE TOP