果物の追熟方法※固い果物を柔らかくする方法

Sponsored Link

果物には成熟と追熟があります。

成熟では果実が樹に着生したまま食べごろまで待ちます。

追熟では果実を樹から切り離して食べごろまで熟れるのを待ちます。

追熟すれば美味しくなる果物などは収穫後に一定期間置いて熟れるのを待ちます。

追熟で甘さを増したり果肉をやわらかくできます。

追熟によって、未熟なまま収穫された果実が軟化の進行・糖・酸・香が変化して美味しくなります。

追熟は果物の適温で進行します。

果物の適温以外の低温や高温条件では追熟は進行しません。

追熟ができる果物には、メロン・キウイフルーツ・西洋梨・バナナ・すもも・アボカド・マンゴー・パパイヤ・チェリモヤ・パッションフルーツ・ドリアンなどがあります。

バナナやすももなどは樹上でも完熟して美味しくなりますが、効率よく流通させる目的でやや未熟なうちに収穫して貨物船などで輸送中に追熟させる方法が使われているようです。

果物が成長するまで育ててから収穫する果物にはいちご・ぶどう・びわ・もも・などがあります。

いちご・ぶどう・びわ・もも・などの果物は成熟させて食べる果物です。

完熟していないからと待っていても美味しくならないので注意してください。

 

次に、追熟した方が美味しい果物や追熟の方法について紹介します。

 

果物の追熟

 

o0960071113798497737

 

追熟して美味しくする果物には、バナナ・キウフルーツ・メロン・マンゴー・みかん・西洋梨・すもも・アボカド・パパイヤ・チェリモヤ・パッションフルーツ・ドリアンなどがあります。

完熟していなかったら追熟させることで美味しくなります。

追熟させるには果物の適温を知ることが大切です。

果物の適温以外の低温や高温環境では追熟が行われません。

 

果物の追熟

 

intro_03

 

完熟していないバナナ・キウフルーツ・メロン・マンゴー・みかん・西洋梨・すもも・アボカド・パパイヤ・チェリモヤ・パッションフルーツ・ドリアンなどの果物を購入したら家で追熟させませんか。

家での追熟の方法は、果物の適温を調べて常温で数日置いておくだけでOKです。

只、果物の適温と室内の温度が低すぎる・高すぎるなどの温度差が大きいと障害が出ます。

果物の適温は基本的に温度は15~20℃くらいになります。

 

追熟の場所

 

完熟していないバナナ・キウフルーツ・メロン・マンゴー・みかん・西洋梨・すもも・アボカド・パパイヤ・チェリモヤ・パッションフルーツ・ドリアンなどの追熟では果物を置く場所が大切です。

果物を追熟させる場所は、直射日光が当たらない風通しがよい場所になります。

追熟完了のサインは香りと弾力です。

果物は熟れると香りが強くなり果肉に弾力が出てきます。

完熟した果物は冷蔵庫の野菜室に入れてください。

冷蔵保存すれば追熟が進みません。

 


PAGE TOP