葉が紫色のブロッコリーは食べれる?なぜ紫に変色する?

Sponsored Link

ブロッコリーが紫色になって困ったことはありませんか。

ブロッコリーが紫色になる理由は寒さです。

寒さに曝されたブロッコリーは紫色に変色します。

また、鮮やかな緑色のブロッコリーも時間が経つと黄色や茶色に変色します。

ブロッコリーが紫色・黄色・茶色に変色しても食べられます。

ブロッコリーは、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜になります。

ブロッコリーの原産は地中海だとされています。

イタリアでキャベツの一種を品種改良されて現在のブロッコリーの姿になったとされています。

ブロッコリーの和名は芽花野菜(メハナヤサイ)・緑花野菜(ミドリハナヤサイ)です。

カリフラワーはブロッコリーの変種になります。

ブロッコリーの品種には、

・「ピクセル」・「エンデバー」・「グリーンベール」・「シャスター」

・「パラグリーン」・「マーシャル」・「チャレンジャー」・「海嶺」

・「雷鳴」・「緑炎」・「緑帝」・「緑笛」・「緑嶺」などがあります。

日本のブロッコリーの主産地は、北海道・愛知県・埼玉県になります。

愛知県の田原市が全国で最も生産量が高い市町村になっています。

カリフラワーは常温でも外見が変化しませんが、ブロッコリーは収穫後ただちに低温保存しないと変色が進みます。

 

次に、ブロッコリーが紫色他に変色したら・ブロッコリーの保存方法・ブロッコリーの栄養と効能を紹介します。

 

ブロッコリーが紫色・黄色・茶色

 

10118437966_s

 

 

ブロッコリーが紫色に変色したらどうすれば良いのでしょうか。

ブロッコリーは寒さに曝される紫色になります。

アントシアニンという物質が作られることで紫色になります。

アントシアニンとは、ブルーベリーなどに多く含まれている抗酸化作用で有名なポリフェノールの一種になります。

また、ブロッコリーは収穫した後にも花を咲かせようとするので、緑色~黄色~茶色と変色します。

紫色に変色したブロッコリーも、保存していて黄色や茶色に変色たブロッコリーも食べられます。

紫色のブロッコリーには有効成分のアントシアニンが含まれているので嬉しいですね。

黄色や茶色に変色したブロッコリーは残念ながら味覚と栄養は落ちています。

ブロッコリーを美味しく食べるには新鮮が一番です。

黄色や茶色に変色しているブロッコリーは美味しくないので、変色した部分を削って食べる人もいます。

 

ブロッコリーの保存方法

 

shun02_01_031

 

 

ブロッコリーの保存の適温は0~5℃になります。

常温での保存は向きません。

劣化が早い野菜なので購入してから3~4日程度で紫色・黄色・茶色に変色します。

購入したブロッコリーは常温保存を避けて冷蔵保存にしてください。

生のまま冷蔵庫で保存する場合は、洗わないでそのままビニール袋に入れて密封して野菜室で保存してください。

生でのブロッコリーの冷蔵保存期間は3~4日程度です。

茹でてから冷凍保存することもあります。

 

ブロッコリーの栄養

 

ブロッコリーには、

・ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンC・葉酸・ビタミンK

・カリウム・クロム・ビタミンU・インドール化合物・スルフォラファン

・フラボノイドなどの栄養成分が含まれています。

ブロッコリーは、健康に良い免疫力を高める緑黄色野菜です。

効能には、免疫力アップだけでなく「がん」・「シミ」・「ソバカス」・「老化防止」・「風邪の予防」などもあります。

 


PAGE TOP