クリスマスケーキのブッシュドノエルの名前の意味と由来

Sponsored Link

クリスマスの時期になるとケーキ屋さん・洋菓子屋さんのショーウィンドウをブッシュドノエルが華やかに飾ります。

ブッシュドノエルがショーウィンドウに飾られると、クリスマスの雰囲気になりますね。

日本のケーキ屋さんや洋菓子屋さんに並ぶブッシュドノエルはブラウン色が多いのですが、

フランスのパリで飾られているブッシュドノエルには、ピンクカラー・ブルーカラーなど色とりどりのものがあります。

クリスマスケーキの中でもブッシュドノエルは人気があります。

ブッシュドノエルは大好きでも名前の意味や由来を知っている人は少ないようです。

「ブッシュ・ド・ノエル」は「ビュッシュ・ド・ノエル」とも呼ばれます。

フランス語でのビュッシュは「木、丸太」のことです。

ノエルは「クリスマス」になります。

「ビュッシュ・ド・ノエル」は“クリスマスの薪”を意味します。

 

次に、クリスマスケーキのブッシュドノエル・ブッシュドノエルの意味や由来や作り方などの紹介をします。

 

ブッシュドノエルの意味や由来

 

cooking-Xmas-DSC06222s

 

クリスマスケーキのブッシュドノエルはビッシュドノエルともいわれます。

ブッシュドノエル(ビッシュドノエル)がどうして木の切り株(薪)の形をしているかなどの意味や由来を紹介します。

ブッシュドノエル(ビュッシュドノエル)のフランス語の意味はクリスマスの薪です。

フランス語の木の切り株(薪)の形をしたケーキが、ブッシュドノエル(ビュッシュドノエル)になります。

ブッシュドノエル(ビュッシュドノエル)がどうして「薪の形」なのかについてはいくつかの説があります。

北欧の古い宗教的慣習である「ユール」で使われた丸太を、パリのお菓子屋さんが「ユール・ログ(ユールの丸太)」をイメージして作ったものという説が有力です。

キリストの誕生を祝って、幼い救世主を暖めて護るために暖炉で夜通し薪を燃やしたことに由来する説もあります。

 

薪のクリスマスケーキ

 

s_top_2780_pc

 

フランスのクリスマスケーキで「クリスマスの薪」のブッシュドノエル(ビュッシュドノエル)が有名ですね。

ブッシュドノエルの意味や由来にはいくつかの説があります。

パリのお菓子屋が、北欧の宗教的慣習のユールで使われた丸太をイメージして作った説や、誕生したキリストを暖めるために燃やした薪をイメージしているなどの説があります。

ロマンチックな説もあります。

貧しくて恋人へのクリスマスプレゼントが買えない青年が、薪の一束を恋人に贈った話からつくられたという説です。

クリスマスではロマンチックな説の方がケーキも美味しく感じられます。

 

ブッシュドノエルの作り方

 

クリスマスケーキにはブッシュドノエルがおススメです。

ブッシュドノエルの意味や由来にはいろいろな説があります。

クリスマスが近づくと、華やかなクリスマスケーキと並んでブッシュドノエルが飾られています。

ケーキ屋さんや洋菓子店で買うのも良いですが、ブッシュドノエル(ビュッシュドノエル)は市販の材料を使って家庭でも作ることができます。

市販のロールケーキを台にすれば、簡単にブッシュドノエル(ビュッシュドノエル)が完成します。

材料は、市販のロールケーキとチョコレート・生クリーム・ラム酒・マカロン・冷凍ラズベリー・冷凍ブルーベリー・ケーキピック・ホワイトチョコレートなどになります。

子供と一緒にデコレーションしませんか。

子供と作ったオリジナルのクリスマスケーキなら、クリスマスケーキの美味しさもワンランクアップしますね。


PAGE TOP