菜の花の保存方法と栄養 常温、冷蔵、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

菜の花は春を感じられる食材です。

保存方法を知っていればいつまでも美味しく食べられます。

菜の花はヨーロッパ原産のアブラナ科の2年草です。

菜の花の葉やつぼみの菜葉はほろ苦くて独特の香りがあります。

菜の花には、抗酸化作用のあるビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを豊富に含んでいます。

菜の花の栄養成分には、活性酸素抑制・免疫力向上・アンチエイジング・美肌効果が期待されます。

菜の花には葉酸・ビオチン・鉄も豊富に含まれています。

菜の花含まれているグルコシノレートは、?むことで分解酵素と混じりあいイソチオシアネート(抗がん作用)に変化します。

菜の花にはグルコシノレートが多く含まれています。

菜の花に期待される効果効能は、免疫力向上・感染症予防・疲労回復・生活習慣病予防・美肌・アンチエイジング・貧血予防と改善・がん予防などです。

 

次に、菜の花の常温・冷蔵・冷凍の保存方法を紹介します。

 

菜の花の下処理

 

0879191af861c1df09040f0193928b3b96b80cb4-86-2-3-2

 

菜の花は春の旬の野菜です、おひたし・炒め物にすれば食卓に春を感じられます。

菜の花は下茹でをしてから調理や保存をします。

菜の花は茹でるのが難しい野菜だと言われています。

茹ですぎるとスグに柔らかくなります。

菜の花の下茹でに必要な下茹で用塩は、菜の花―1束に対して小さじ山盛り1杯ほどになります。

菜の花を茹でる時にはつぼみ部分と茎部分を分けることがポイントです。

つぼみの部分・つぼみ下の細い茎の部分・茎の下の太い部分を分けて茹でるだけで美味しく食べられます。

茎太さ5~6mm程度の茹で時間は30秒程度です。

茎太さ7~8mm程度の茹で時間ゆで時間は45秒程度です。

茎太さ9~10mm程度の茹で時間は60秒程度です。

茎太さ11~13mm程度の茹で時間は90秒程度です。

菜の花は採ってからの時間の経過でも茹で時間は変わります。

 

菜の花の常温保存・冷蔵保存

 

ff355df14352d7c1c0f0dc9b57c38ce9

 

菜の花は常温保存するとスグにしなびてしまいます。

濡らした新聞紙などでくるみ、袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れて保存してください。

野菜室に入れる時には畑にあったように根の部分を下にして立てて入れると長持ちします。

菜の花は下茹でしたらそのまま調理すれば美味しく食べられます。

歯触りを楽しめる炒め物やソテーなら苦味のある春を感じられます。

下茹でした菜の花は調理の最後にからめるように使うのがポイントです。

菜の花は天ぷらにしても美味しく食べられます。天ぷらにする場合は下茹での必要がありません。

 

菜の花の冷凍保存方法

 

菜の花は下処理をしたらそのまま調理して食べるのが美味しいですが。

沢山採りすぎて食べきれないときには冷凍保存します。

冷凍保存する場合の下茹では固ゆでにします。

冷凍保存した菜の花を使う時には自然解凍します。

おひたしやあえ物などで美味しく食べられます。

オリーブ油やごま油をつかったおひたしやあえ物をつくってみませんか。

 


PAGE TOP