アーティチョークの旬、味、下処理方法、食べ方、栄養価

Sponsored Link

アーティチョークは、キク科チョウセンアザミ属の多年草になります。

アーティチョークの別名はアティショー・カルチョフィで、和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)です。

アーティチョークは花菜類で若いつぼみを食用とします。

アーティチョークの原産地は地中海沿岸とされています。

アーティチョークの旬を知っていれば、アーティチョークの美味しい味を楽しめます。

アーティチョークの栄養成分を効率よく摂取できる食べ方を知っていれば役立ちます。

 

次に、アーティチョークの栄養と効能・アーティチョークの選び方と保存方法・アーティチョークの旬・アーティチョークの味の特徴・アーティチョークの美味しい食べ方などの紹介をします。

 

アーティチョークの栄養と効能

 

ed077621107485cbc2f8be1e649d0d5a_t

 

アーティチョークの栄養成分ではミネラル類が多く含まれています。

アーティチョーク100gに、カリウム380mg・カルシウム47mg・マグネシウム46mg・リン55mg・鉄0.7mg含まれています。

ビタミン類では、カロテン・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・葉酸・パントテン酸・ビタミンCが含まれています。

アーティチョークに含まれているカリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。

カリウムは高血圧の改善・長時間の運動による筋肉の痙攣予防に役立ちます。

次に、アーティチョークの選び方と保存方法・アーティチョークの旬・アーティチョークの味の特徴・アーティチョークの美味しい食べ方などの紹介をします。

 

アーティチョークの選び方と保存方法

 

18d24c01bc51e7f7702032ec776e5f71_t

 

美味しいアーティチョークの選び方では、ふっくらと丸みがある・持った時にずっしり重みがあることがポイントです。

ガクがシッカリと閉じて・全体に緑が鮮やかで・軸の切口が新しいものを選びます。

アーティチョークの保存方法は冷蔵保存になります。

冷蔵保存をするときには、密封性のあるビニール袋などに入れて野菜室に保存します。

長期間保存する方法はオイル漬けです。

次に、アーティチョークの旬・アーティチョークの味の特徴・アーティチョークの美味しい食べ方などの紹介をします。

 

アーティチョークの旬

 

アーティチョークの旬は5~6月になります。

国内産のアーティチョークは4~7月頃まで出回ります。

輸入物は通年で流通しています。

アーティチョークの味は芋のようなカリフラワーの軸やゆり根の感じです。

アーティチョークの食べ方には、揚げる・ディップ・中に詰め物をして蒸す・オイル漬けなどがあります。


PAGE TOP