ちゃんちゃん焼きの名前の由来、意味と食べ方。 鮭以外に会う材料

Sponsored Link

ちゃんちゃん焼き(ちゃんちゃんやき)は、北海道や青森の郷土料理になります。

北海道の料理町の名物料理として人気があります。

ちゃんちゃん焼き(ちゃんちゃんやき)は、鮭などの魚と野菜を焼いて味噌などで調味した料理です。

2007年に農林水産省の主催で選定された農山漁村の郷土料理百選に選ばれました。

北海道を代表する農山漁村の郷土料理百選には、ジンギスカン・石狩鍋・ちゃんちゃん焼きが選ばれています。

関東地域の農山漁村の郷土料理百選を紹介します。

・茨木県―あんこう料理・そぼろ納豆

・栃木県―しもつかれ・ちたけそば

・群馬県―おっきりこみ・生芋こんにゃく料理

・埼玉県―冷汁うどん・いが饅頭

・千葉県―落花生味噌・太巻き寿司・イワシのごま漬け・なめろう・はばの雑煮・鶏雑炊・落花生おこわ・アサリのフライ・性学もち・菜の花の辛し和え・なすのずんだ和え・冬瓜とサンマのおつゆ

・東京都―深川丼・くさや・あんこ巻き

・神奈川県―へらへら団子・かんこ焼きなどがあります。

 

次に、ちゃんちゃん焼き・ちゃんちゃん焼きの由来・ちゃんちゃん焼きの意味・ちゃんちゃん焼きの食べ方などの紹介をします。

 

ちゃんちゃん焼き

 

240093

 

ちゃんちゃん焼きは、北海道を代表する農山漁村の郷土料理百選に選ばれています。

大きな鉄板にバターを敷いて、たまねぎ・キャベツ・にんじん・ピーマンなどの野菜と鮭や魚の半身をのせて蒸し焼きにして食べます。

鉄板の上の具材に白みそ仕立てのたれをかけて、アルミホイルなどをかぶせて蒸し焼きにします。

鮭や魚の身をほぐして野菜と混ぜながら食べます。

次に、ちゃんちゃん焼きの由来・ちゃんちゃん焼きの意味・ちゃんちゃん焼きの食べ方などの紹介をします。

 

ちゃんちゃん焼きの由来・意味

 

food_chanchanyaki

 

ちゃんちゃん焼きの由来やちゃんちゃん焼きの意味は定かではありません。

ちゃんちゃん焼きの由来・意味についてはいくつかの説があります。

・お父ちゃんが焼いて調理するからという説

・ちゃっちゃ(素早く)と作れるからという説

・鮭を焼くときに、鉄板がチャンチャンという音が立てるからという説

・焚き火を起こすときの火打石の音という説などいろいろです。

次に、ちゃんちゃん焼きの食べ方の紹介をします。

 

ちゃんちゃん焼きの食べ方

 

ちゃんちゃん焼きの由来やちゃんちゃん焼きの意味にはいろいろな説があります。

ちゃんちゃん焼きの食べ方は簡単です。

ちゃんちゃん焼きでは、ほとんどは鮭をメインの食材にします。

鮭の代わりにニジマスなど他の魚を使うこともあります。

魚に加える具材には、玉葱・長葱・キャベツ・モヤシ・ピーマン・人参などの野菜があります。

調理器具は、大きな鉄板やホットプレートになります。

鉄板やホットプレートで調理した方が、食味や食感がちゃんちゃん焼きの料理に合います。

特に漁業の盛んな沿岸部等で古くから鉄板が好んで利用されています。

適当な大きさに切った野菜と塩コショウした魚を、バーベキュー用の大きな鉄板でバターを敷いて焼きます。

鉄板の真ん中に鮭を皮の方を下に向けて乗せ敷き周りに野菜を置きます。

白味噌・酒・みりん・砂糖などを混ぜたものを、魚の身に塗ったり鉄板の周りに流してから、アルミホイルなどをかぶせて蒸し焼きにします。

魚や野菜に火が通ったら魚の身を大きめにほぐして野菜と混ぜ合わせます。

料理は鉄板から直接取って食べます。


PAGE TOP