かぶの葉 栄養 かぶの葉 下ごしらえ かぶの葉 保存

Sponsored Link

かぶの旬は3~5月の春季と10~11月の秋季です。

春物はやわらかく、秋物は甘味が強くなるとされています。

かぶ料理だけでなく「かぶの葉」も美味しく食べられます。

かぶの葉には栄養成分が豊富に含まれています。

「かぶ」を八百屋さんやスーパー選ぶときのポイントは、白い部分がひび割れていないものです。

かぶの葉の根元が黒くなっていないものを選びます。

古いものは葉の根元が黒いので避けてください。

かぶを持った時に、葉が落ちてこないかもチェックします。

葉がピンと張っていて、黄色くなっていないものを選んでください。

かぶの葉の下ごしらえは簡単です。

かぶの葉は常温保存には向かないので、八百屋さんやスーパーで購入したらスグに食べた方がよさそうです。

 

次に、かぶの葉の栄養・かぶの葉の下ごしらえ・かぶの葉の保存方法などの紹介をします。

 

かぶの葉の栄養

 

50456673-生のカブの葉

 

かぶの葉には豊富な栄養成分が含まれています。

かぶの葉には、白い部分よりも栄養成分が含まれているとされています。

かぶの葉は緑黄色野菜になります。

β-カロチン・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などが豊富に含まれています。

ビタミン類では、特にビタミンA・ビタミンB1・ビタミンCが多く含まれています。

ビタミンAには、発育促進・肌の健康維持・視覚の暗順応・粘膜や皮膚を強くする働きがあります。

ビタミンB1には、糖質からのエネルギー産生・皮膚や粘膜の健康維持・脳神経系の働きサポートなどがあります。

ビタミンCは、コラーゲンをつくるのに不可欠なビタミンです。

ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。

抗酸化作用はアンチエイジングに役立ちます。

動脈硬化・心疾患などの生活習慣病予防にも役立ちます。

ミネラル類のカルシウムや鉄分が含まれているので、 女性は特におススメの野菜になります。

食物繊維も含まれているので、腸内環境の悪化が気になる女性にもおススメです。

次に、かぶの葉の下ごしらえ・かぶの葉の保存方法などの紹介をします。

 

かぶの葉の下ごしらえ

 

2d508bd522442542b80ec7ee5c07112ec8a66aa5_24_2_3_2

 

 

かぶの葉には白い部分よりも豊富な栄養が含まれています。

「かぶ」を購入してスグに調理しないときには、白い部分と葉を切り離します。

かぶの葉をのままにしておくと、葉が白い部分から栄養を吸い上げてしまいます。

白い部分と葉がつながったままだと、「かぶ」がスカスカになります。

かぶの葉の下ごしらえは簡単です。

かぶの葉はサッと湯通しするだけです。サッと湯どうしすればアクが抜けます。

下ごしらえしたかぶの葉は、繊維を断ってざく切りにします。

ざく切りにしたかぶの葉は、炒め料理・味噌汁・漬けものなどに使えます。

次に、かぶの葉の保存方法を紹介します。

 

かぶの葉の保存方法

 

かぶの葉には栄養成分が豊富に含まれています。

かぶの葉の下ごしらえはサッと湯通しすればOKです。 

かぶの葉の保存方法には冷蔵保存と冷凍保存があります。

かぶの葉の常温保存はおススメしません。

スグにしなしなになって鮮度が落ちます。

冷蔵保存する時には、葉を根との境目で切り落とし、湿らせたキッチンペーパーで包みます。

茎を下にして、ビニールやポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。

かぶの葉の賞味期限は3日程度です。

かぶの葉を冷凍保存する前に、軽く塩茹でしてから水気を切ってラップでぴったり包みます。

ビニール・ポリ袋などに小分けにして入れて冷凍します。

料理する時は、解凍しないでまま使います。

冷凍保存の賞味期限は約1ヶ月です。


PAGE TOP