豆腐の発祥の地と木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いと使い分け方

Sponsored Link

木綿豆腐と絹ごし豆腐のどちらが好きですか。

豆腐が好きな人は、木綿豆腐派と絹ごし豆腐派に分かれるようです。

豆腐の発祥の地を知っていますか?

また、豆腐を最初に作った人は誰でしょう?

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いを知っていれば役立ちそうです。 

豆腐は大豆から作られています。

大豆の搾り汁(豆乳)を凝固剤(にがり等)で固めた加工食品が「豆腐」です。

大豆加工食品の豆腐は、東アジア~東南アジアの広範な地域で古くから食べられています。

日本・中国・台湾・ベトナム・カンボジア・タイ・ミャンマー・インドネシア・朝鮮半島等では日常的に食べられている大豆加工食品です。

国によって、大豆の加工法や調理法は異なります。

日本の豆腐は白く柔らかい食感が特徴とされています。

 

次に、豆腐の発祥の地・豆腐を最初に作った人・木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い・豆腐の栄養と効果などの紹介をします。

 

豆腐の発祥の地

 

e51m_7563

 

豆腐の発祥の地や豆腐を最初に作った人は誰だろうと気になりませんか。

日本の豆腐は柔らかくて淡白な食感が特徴ですが、中国や韓国の豆腐は日本の豆腐に比べると水分が少なく堅くなっています。

豆腐の起源でも有力とされているのは、16世紀に編纂された「本草綱目」にあります。

「本草綱目」には、豆腐は紀元前2世紀の前漢時代の淮南王の「劉安」によって発明されたとされています。

中国から日本に豆腐が伝わった有力な説では、豆腐は遣唐使が伝えられたとされています。

遣唐使の一員でもあった空海によるという説や、鎌倉時代に日本に来た帰化僧が伝えたとする説などがあります。

1183年(寿永2年)の奈良・春日神社の供物帖の中に「唐府」という記述があります。

 

次に、木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い・豆腐の栄養と効果などの紹介をします。 

 

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い 

 

8d2f2199fc0a599ef3ca8ba48c0e66e1_t

 

豆腐の発祥の地は中国です。

豆腐を最初に作った人は、淮南王で優れた学者でもあった「劉安」だとする説が有力です。

木綿豆腐と絹ごし豆腐の大きな違いは食感ですね。

食感の違いは作り方の違いが原因です。

木綿豆腐は、豆乳に凝固剤を加えてから固めます、そして一度固めたものをくずしてから圧力をかけて水分を絞って再び固めて作ります。

絹ごし豆腐は、木綿豆腐よりも濃い豆乳に凝固剤を加えて固めて作ります。

次に、豆腐の栄養と効果を紹介します。

 

豆腐の栄養と効果

 

豆腐の発祥の地は中国で、豆腐を最初に作った人は「劉安」だと考えられています。

木綿豆腐と絹ごし豆腐の食感の違いは作り方の違いになります。

木綿豆腐と絹ごし豆腐は、共に大豆の豆乳から作られています。

豆腐には機能性成分が含まれています。

機能性成分には、タンパク質・リノール酸・レシチン・コリン・サポニン・イソフラボン・トリプシンインヒビタ・オリゴ糖・カルシウム・ビタミン類・食物繊維などがあります。

リノール酸は血圧やコレステロール抑制の働きがあります。

レシチンには、脂肪代謝・記憶力改善などの働きがあります。

サポニンには。活性酸素抑制や生活習慣病予防が期待できます。

イソフラボンは、女性ホルモンや骨粗しょう症に効果があります。

豆腐は、健康食品・美容食品・長寿食品として食生活を豊かにしています。


PAGE TOP