ホヤの旬の時期と味、食べ方。内臓も食べられる?

Sponsored Link

ホヤを食べたことがありますか。

西日本では見かけることも少ない海の幸ですが、北海道や東北地方などの産地では人気があるようです。

ホヤが好物の人は、五つの味を味わえるといいます。

甘味・塩味・苦味・酸味・旨味です。

ホヤの形がパイナップルに似ているので「海のパイナップル」と呼ばれることもあります。

海のパイナップル(ホヤ)は、独特の風味が好まれているようです。

刺身・酢の物・焼き物・フライとして調理されて酒の肴などで食べられています。

ホヤは、塩辛や干物にも加工されています。

ホヤのこのわたと共に塩辛にしたものは「莫久来(ばくらい)」と呼ばれているよです。

ホヤの旬は美味しいそうです。

美味しいホヤの種類を知っていれば旬を味わいたいですね。

ホヤは内臓も食べることができるそうです。

甘味・塩味・苦味・酸味・旨味を味わえるホヤを味わってみませんんか。

 

次に、ホヤのこと・ホヤの旬・ホヤの種類・選び方・ホヤの内臓は食べることができる?などの紹介をします。

 

ホヤのこと

 

th_img_106550_2

 

ホヤは、ホヤ綱マボヤ目マボヤ亜目マボヤ科マボヤ属になります。

ホヤ貝とも呼ばれることがありますが貝ではありません。

日本で知られているホヤの種類は百数十種のようです。

ホヤは、もともとは東北地方で地元の漁師さんが食べていたマイナーな食材でした。

宮城県での養殖が始まってから、現在では全国的にホヤの存在が知られるようになりました。

食用にされている「マボヤ」は全国的に生息しています。

牡鹿半島・男鹿半島以北の東北地方に多く生息しています。

岩手県から宮城県に至る三陸沿岸ではホヤ養殖も行われています。

天然物の「アカボヤ」は北海道で主に獲れています。

 

ホヤの旬と種類

 

e51m_7968

 

美味しいホヤの旬は5~8月までの夏季になります。

旬の初夏~夏にかけてのホヤにはグリコーゲンが豊富に含まれています。

旬の時期は甘味や旨味タップリのホヤを楽しめます。

日本周辺にはホヤが百数十種類生息しているとされていますが、食用にされているホヤは「マボヤ」や「アカボヤ」などごく一部です。

「マボヤ」は養殖もされています。「アカボヤ」はほとんどが天然物です。

新鮮なホヤは強い磯の香と甘味・旨味があります。

ホヤは鮮度が落ちると不快な独特の生臭みに変わります。

甘味も苦味に変わります。

ホヤを選ぶときのポイントは鮮度です。

手に持った時にズッシリするものは新鮮ですが、軽く感じるものは鮮度が落ちていることが多いようです。

ホヤの表面の赤みが濃くて、ツヤとハリがあるものが新鮮です。

形は丸々としているものが可食部が多く美味しいです。

次に、ホヤの栄養・ホヤの内臓は食べることができる?などの紹介をします。

 

ホヤの栄養

 

ホヤの旬は5~8月の初夏・夏季になります。

食用とされているホヤの種類は「マボヤ」と「アカボヤ」になります。

ホヤに含まれている栄養は、ミネラル類とビタミン類です。

ミネラル類はリン・鉄分・亜鉛などです。

ビタミン類ではビタミンE・ビタミンB1が豊富に含まれています。

ホヤは、刺身・酢の物・焼き物・揚げ物などで食べられます。

ホヤの炊き込みご飯もあるようです。

ホヤの内臓は食べることができるようです。

ホヤで食べるのを避けた方がよいのは、「皮」・「石突」・「黒い内臓部分」などです。


PAGE TOP